二松学舎大附、海老名―岸川のリレーで粘る明大中野を振り切る


海老原凪(二松学舎大附)

 明大中野の先発は、この学校のお家芸ともいうべき横手投げの石川 雄大二松学舎大附は左腕の海老名凪が先発して、強風が吹き荒れ、砂塵が舞う中で試合が行われた。

 序盤は明大中野の石川が好調な立ち上がり。「インコースをよく突いてきていました」と、二松学舎大附の市原勝人監督は語り、二松学舎大附の強力打線も撃ちあぐねた。

 一方明大中野は2回裏、安打2本などで一死一、三塁のチャンスを作るが、ここは二松学舎大附の海老原が踏ん張る。「強豪相手には、まず先制しないと厳しいです」と、明大中野の岡本良雄監督は語るように、この回のチャンスに得点出来なかったのは痛かった。3回以降は海老原が立ち直り、明大中野に付け入る隙を与えない。

 4回表二松学舎大附は、二死二塁から、7番・石崎 創大の中前安打で1点を先制。続く8番・海老原、9番・揚野 公匠と安打が続き、この回2点を入れる。

 この2点が明大中野に重くのしかかる中、7回表には、9番・揚野の中前安打、1番・右田 稜真の二塁打で1点を加えた後、犠打や犠飛、4番・保川 遥の中前安打、5番・畠山 大豪の二塁打に暴投が重なりこの回3点。8回表も、この回から代わったリリーフ投手の菊地淳之介が4人続けて四球で歩かせ押し出しの1点を加え、勝負は決まったかに思えた。

 けれどもその裏明大中野は、下位打線が安打2本に犠打で一死二、三塁のチャンスを作り、海老名が降板。代わった岸川 海から1番・杉浦駿が左前安打を打ち2人が生還する。さらに連続四死球で二死満塁とし、5番・福島大貴の内野安打で2人が還り2点差に迫る。なおも明大中野のチャンスは続いたが、ここで岸川は踏ん張り、明大中野の6番・石井開を三振に仕留めた。「海老原は7回くらいからボールが来なくなっていました。力不足です。岸川は置きに行かず、腕が振れていたのは良かった」と二松学舎大附の市原監督は語る。

 二松学舎大附は9回表にこの回から登板した明大中野の背番号1の鈴木涼太から1番・右田の二塁打などで1点を追加。7-4で二松学舎大附が逃げ切った。

 勝った二松学舎大附は、4回戦は国士舘と対戦する。二松学舎大附打線が、国士舘の左腕の投手陣にどう対処するか、注目の一戦になる。

 敗れた明大中野の岡本監督は、石川の奮起を期待する。今大会では背番号10であったが、「石川はまだ出しきっていない。最後の夏に頑張ってもらいたいし、もっと投手陣全体を引っ張ってもらいたい」という岡本監督の思いからの10番で、背番号1の加藤に関しては、この冬頑張ったからこそのエースナンバーだという。それでも、このチームのカギを握るのは、石川であることは間違いない。

大島 裕史

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。