都立の星対決、片倉守備の乱れで自滅、東大和3回戦進出


二塁打の森 郁人(東大和)

 かつて都立校の甲子園出場など夢のまた夢であった時代、1978年の西東京大会で準優勝し、都立校の甲子園出場を現実に近づけたのが、佐藤道輔監督率いる都立東大和であった。片倉監督の宮本秀樹はかつて、佐藤部長の下で、都立東大和の監督であったことがある。

都立東大和の監督である福島靖はかつて都立片倉の監督であった。現都立片倉監督の宮本とは2年間、監督、部長と1年ずつ役職を交代しながら、コンビを組んだことがある。福島は7年前に都立東大和に異動し、同校の監督になったが、最初の年の夏、自分が指導してきた都立片倉に大敗した、悔しい思い出がある。

 ともに都立の強豪校というだけでなく、監督同士の因縁もある両校の対戦。新チームになって2度練習試合をしたが、1勝1敗だった。

 都立東大和の先発は背番号1の三井 一樹、片倉の先発は背番号10の室津泰介と、ともに左腕が先発のマウンドに立った。

 都立東大和の三井は、球威はさほどないものの、変化球でうまく打たせて、都立片倉に得点を与えない。一方都立片倉の室津は、制球がやや定まらず、苦しいマウンド。

 2回裏都立東大和は6番・倉石将希の中前安打と7番・森郁人の右中間を破る二塁打で1点を先制する。都立片倉は3回裏の先頭打者に室津が四球を与えたところで、同じく左腕で、背番号1の紙田 龍也に交代した。「肘を痛めているので、60%くらいの状態です。なるべく後ろから投げさせたかった」と片倉の宮本監督は語る。

 3回途中からの登板は想定より早かったが、状態が本調子でないだけに、バックの野手たちの役割は大きい。しかし守りが崩れて、片倉は失点を重ねる。

 4回裏都立東大和は、8番・後藤守が二失で出塁すると、三井の二ゴロで二塁に進み、1番・島﨑勇賢の右前安打と中継ミスで1点を追加する。

 さらに5回裏、都立東大和の3番・石坂俊輔は平凡な二飛。しかし二塁手が落球して無死一塁。4番・岡竜輝の四球に5番・弓場颯の犠打で一死二、三塁となり、続く倉石は二ゴロ。三塁走者が飛び出し挟殺プレーになったが、悪送球で2人が生還。手痛い2点が入った。都立片倉は現在、グラウンドが工事中で使用できず、十分な練習ができないのは確かだが、「こんなにミスが出るとは。普通のフライを落球しているので、グラウンドのことは、言い訳になりません」と、都立片倉の宮本監督はため息をつく。

 都立東大和は5回裏にさらに1点を追加する。
 立ち上がり、球速はさほどなかった都立東大和の先発・三井であるが、中盤になると徐々に球威が増し始めた。けれども球が速くなるにつれて、都立片倉打線が三井の球を捉えはじめる。

 6回表は5番・久森 柊悟の三塁打などで片倉は1点を返す。7回表には9番・横田大和の二塁打と2番・坂本渉の中前適時打で3点差に迫る。

 それでも都立東大和はその裏8番後藤の中前適時打で突き放し、8回表都立片倉の紙田の右前安打などで再び3点差に追い上げたものの、8回途中から三井に代わり登板した右腕の吉崎快が、荒れ球で四球が多く、走者を出すものの、球威のある球で都立片倉打線を封じ、都立東大和が都立の強豪対決を制し、3回戦進出を決めた。

 ミスが続出しての敗戦に、都立片倉の宮本監督の表情も浮かない。昨年12月からグラウンドは使えない状態だったが、工事がもうすぐ終わるという。「いろんな子がいる中で、それをパズルのように、どう組み合わせていくか。なかなかうまくいきませんが、うまく組み合わせたい」と宮本監督は語る。まずはエース・紙田の完全復調であり、チーム全体が噛み合えば、伸びていく可能性は十分にあるはずだ。

 勝った都立東大和は、3回戦で夏のシードをかけて都立総合工科と対戦する。都立の強豪校が集まったブロックを勝ち抜き、夏のシード校になるのは、都立東大和都立総合工科か。「勝てば次は日大三と当たりますが、先のことは考えず、まず次の試合、生徒を信じて戦います」と、都立東大和の福島監督は次戦への意気込みを語った。

(文=大島 裕史)