日大三 辛勝で3回戦へ!


マウンドに集まる日大三ナイン

 昨日で閉幕した選抜。その選抜に東京代表として出場した日大三が春季大会の都立文京戦を迎えた。神宮第二球場は日大三の試合を一目見ようと多くの観客が詰め寄る中、初回から日大三打線が爆発する

 1番の金子 凌がファーストライナーでアウトになるも、2番の木代 成が死球で出塁する。そして3番日置 航の2球目がワイルドピッチとなり、1塁ランナーの木代が2塁へ進み、チャンスが広がる。打席の日置は次の3球目をキッチリ捉えると、打球はセンタの頭上を越えるツーランを放つ。その打球に球場中が湧く中、続く4番の大塚 晃平もレフト方向へ引っ張った打球がホームランとなり、一挙に3点を奪う。

 日大三の先発はエースの中村 奎太は自慢の速球とキレの良い変化球を駆使し、2回まで都立文京を近づかせない圧巻のピッチングを披露した。しかし3回に8番綿引彗がレフトにチーム初安打で出塁を許すと、9番赤井大輝・1番青木謙太に連続ヒットで1点を返される。

 都立文京は先発金井一弘がその後も日大三打線の猛攻を受けながらも、何とか初回を2本のホームランによる3失点にまとめるが2回から背番号10の沖山蒼にスイッチする。それでも日大三は3回に4番大塚が追い込まれながらもレフトへ弾き返した打球は、またもレフトフェンスに突き刺さる2打席連続ホームランとなり、点差を再び3点に広げた。

 このまま一気に突き放すかと思われたが、ここから打線が沈黙してしまう。都立文京の2番手沖山の前に4,5回は三者凡退に抑えられ、嫌な雰囲気が流れ出す。
 この雰囲気が守備にまで伝染する。ここまで都立文京に1点を取られながらも自分の持ち味を生かしたピッチングで抑えてきていた先発中村に6回アクシデントが襲う。3番佐藤健人の打球が足に直撃してしまったのだ。小倉監督はここで先発中村から2番手井上 広輝に切り替える。井上は立ち上がり、4番松尾と5番伊能世波に連続ヒットを許してしまうと、6番沖山の送りバントを後逸してしまい一死満塁のピンチを作ってしまう。

 一打同点の場面となった局面で、打席の7番米本光希に4球目をライトに運ばれ3塁ランナーがタッチアップでホームイン。これで2点差になり、なおも二死1,3塁の場面。8番綿引の打席の5球目がワイルドピッチとなり、バックネットに転がる間に伊能にホームを踏まれる。
 そして7回には9番赤井のヒットと2つの四死球が絡み一死満塁の逆転のピンチを迎える。ここでマウンドの井上はギアを上げ4番松尾を三振に切り二死までこぎつけるも、5番伊能にフルカウントまで粘られた末に押し出しの四球で同点を許してしまう。

 何と終盤で振り出しに戻ったこのゲーム。追う立場にあった都立文京は回を追うごとにベンチもスタンドも一体となり勢いが増してきていた。それに対し序盤の勢いがなくなった日大三。試合の流れは都立文京にあるように見えた。

 だが8回に日大三が意地を見せる。二死から7番柳澤 真平がライトへのヒットでチャンスを作ると、8番途中出場の髙木翔己・9番齊藤 龍二が連続四球で満塁の勝ち越しの絶好のチャンスを迎えた。
 このチャンスに1番金子が見事応える。沖山から代わり6回途中からマウンドに上がっていた3番手赤井から2人のランナーを返すライトへのタイムリーヒットで再び日大三がリードする。

 最後は打者を3人で抑え、6対4で辛くも勝利した日大三。選抜から戻ってきて間もない状況での本大会はかなり大変なことだろう。だが夏の大会は暑さも加わり、かなりハードになる。夏に向けても日大三がこの春をどのように戦うのか、今後も注目したい。