菊地二刀流の活躍で創価3回戦進出!日大鶴ケ丘、本塁打3発及ばず


本塁打を放った菊地 郁也(創価)

 菊地 郁也浪川 広之門脇 誠藤井 隼ら1年生の夏から公式戦に出ているメンバーが揃う創価に、今大会注目の速球投手・勝又 温史擁する日大鶴ヶ丘が対戦する、2回戦で当てるのはもったいない好カードだ。

 日大鶴ヶ丘は注目の勝又ではなく、背番号20の左腕・高岡佳佑が先発する。1回裏創価は二死一塁から、4番で先発投手でもある菊地が、ライナーでライトフェンスを越える2ランを放ち、創価が2点を先制する。2回裏は、内野安打で出塁した6番・中山竜星が犠打や9番・古川 風勝のバント安打などで三塁に進み、1番・藤井の犠飛で1点を追加する。

 3回表日大鶴ヶ丘は、9番打者で先発投手の高岡に代わり、勝又を打席に送る。すると勝又はセンターに本塁打を放ち、試合の流れを引き寄せて、そのまま2番手投手としてマウンドに立つ。勝又は140キロを超える速球を投げる生きのいいピッチングで3、4回は無失点で切り抜け、日大鶴ヶ丘に流れを持って来る。

 5回表には1番・中尾大樹がレフトに本塁打を放ち、1点差に迫る。

創価の片桐哲郎監督は勝又について、「素晴らしいピッチャーですね。でも真っ直ぐに振り負けないよう心掛けました」と言うように、5回裏に日大鶴ヶ丘の守備の乱れもあって、勝又をとらえる。

 1番・藤井の三失、2番・門脇の右前安打で無死一、三塁とすると門脇が二盗。その際、捕手の送球が暴投となり、1点。5番・大野匠の左前安打で門脇も生還し、勝又から2点を奪う。勝又の登板で流れが来ていただけに、守備の乱れもあってのこの2点は、日大鶴ヶ丘にとっては痛かった。

 結局、勝又もこの回まで。6回裏からは勝又は右翼手になり、背番号1の三浦 拓真が登板した。
創価もやはり6回から横手投げの吉澤楽が登板。菊池は三塁手になった。8回表日大鶴ヶ丘は吉澤から4番・小林左京が本塁打を放ち、追い上げをみせる。しかし、この試合の日大鶴ヶ丘の得点は全て本塁打。日大鶴ケ丘らしい粘りはみえないまま、9回表は3番手投手として遊撃手であった門脇が登板し、得点を与えず、5-3創価が勝った。
「どうも最近は、しつこさがなくなってきました」と語る日大鶴ヶ丘の萩生田博美監督は、「夏に向けて、試しながらチームを作って行きたい」と語った。素材は間違いなく素晴らしいが、粗さのある勝又を、どう育てていくか。日大鶴ヶ丘は春から夏にかけて力をつけてくるだけに、夏にどのようなチームを作ってくるか、注目したい。

 菊地の投打にわたる活躍もあり勝った創価は、3回戦で秋準優勝の佼成学園と対戦する。「団結してぶつかっていきたい」と片桐監督は、3回戦に向けての意気込みを語った。

大島 裕史