帝京コンパクトに振って毎回得点全員安打、都立町田を圧倒


4番 田中 悠我(帝京)

 1回戦で昨夏の東東京大会で8強の共栄学園を破って勢いに乗る都立町田が、帝京に挑んだ一戦。しかし、帝京の壁は厚かった。

 1回表帝京は、1番・笹川太輝が左中間を破る二塁打に敵失も重なり三塁まで進むと、2番・遠藤十壮琉の左犠飛であっさり1点を先取。

 2回表には、トラン・ヒー・キエン、笹川の二塁打など安打4本で3点を追加する。

 この試合の帝京は、振り切って、柵越えするような当たりはなく、逆方向にコンパクトに振って、内外野の間を抜けるような打球が目立つ。「今は大振りをさせないでいます。コンパクトに振れるようになったら、振らせるつもりです」と帝京・前田三夫監督は語る。

 豪快さはさほどないものの、各打者がしっかり塁に出て、得点を重ねる。3回表と4回表はともに3安打で2点。5回表は2安打で1点。6回表は白石結太、トランの連続二塁打を含め3安打で2点。7回表に遠藤十壮琉が左中間に二塁打を打ったところで、全員安打が成立。この回も1点入れて、7回まで毎回得点を入れている。それでも、部員11人で、交代選手がほとんどいない中で、我慢強く1人で投げ切った、町田の坂本翔の投球は、光るものがあった。

帝京の先発は、背番号11の倉持健太。

 この春、帝京の投手陣にはいくつかの変化があった。まず背番号1は、内野手の田中 悠我がつけている。秋までエースだった松澤 海渡は、背番号17になった。「松澤も安泰ではだめ。刺激を受けさせたい」と前田監督。この春から、投手陣は元日本ハムの芝草宇宙の指導を受けている。力のあるボールを投げる田中は、投手としての指導を受けている最中だという。投手陣の競争を促している中での、倉持の先発であった。

 力の差があったので、無難な投球であったが、5回裏だけは、町田の7番・坂本の右前安打、8番・森尻航介が敵失で出塁すると、9番・松岡光太郎のバントは内野安打になり、下位打線で一死満塁とすると、1番・稲垣孝浩は四球で押し出し。2番・本間岳人は左犠飛でさらに1点を追加し、町田は意地をみせた。

 結局12-―2の7回コールド、毎回安打、毎回得点、全員安打の18安打、帝京が猛打で圧倒して3回戦に進出。次は八王子との対戦になる。

大島 裕史