パワーアップの東海大菅生、東海大対決で東海大高輪台を圧倒


4番片山昂星(東海大菅生)

 東京では日大対決は珍しくないが、公式戦での東海大対決は初めだという。ユニホームが似ているため、東海大高輪台は、普段の青地に縦じまから、白地に縦じまに変えて試合に臨んだ。

 「うちが負けるわけにはいきませんから」と、東海大菅生の若林弘泰監督。東海大対決だけに意識せざるを得ない試合。しかも東海大菅生は、昨夏の西東京大会の優勝校であり、甲子園の4強。対する東海大高輪台は、昨夏の東東京大会の準優勝校とあり、2回戦で当てるのはもったいないカードであった。しかし試合は、一方的な展開になった。

 東海大菅生の先発は左腕の中尾剛。1回表東海大高輪台は、3番・佐藤 豪紀が二塁打で出塁すると、中尾の暴投で佐藤が一気にホームを踏んだ。

 「中尾がピリッとしない。練習試合ではいいのだけれども、公式戦では落ち着いてできていない」と東海大菅生の若林監督は語る。

 けれども、東海大高輪台も本来のエースである西原 秀俊が故障続きでベンチ入りメンバーから外れ、背番号10の右腕・田代樹が先発。田代は初回から東海大菅生打線につかまる。

 1回裏東海大菅生は、1番・田中 幹也の中前安打を皮切りに、1死球を挟んで、5者連続安打を放ち、4点を挙げる。

 2回裏も東海大菅生は、1番・田中の左前安打、2番・鈴木裕の死球に続き、3番・渡部 俊介の犠打、4番・片山 昂星の犠飛で田中が生還し、手堅く追加点を挙げる。田中は、新チーム結成時は主将であったが、今は背番号10の坂本幹太が主将の任にある。「夏の大会が終わってから、秋の公式戦まで時間がなかったので、田中をキャプテンにしましたが、彼はキャプテンをやると死んでしまう。坂本はキャプテンシーがあります」と、若林監督は言う。田中はもともと責任感の強い選手だけに、負担を軽くする意味もあっての主将の交代のようだ。

 東海大高輪台は3回表に、3番・佐藤、4番・瀬戸涼太郎の連続安打などで1点を返したが、反撃もここまで。4回表東海大菅生は中尾に代えて、背番号11の鈴木礼央が登板。2者連続の振り逃げがあり、この回奪三振5という珍記録を作った。これは、投手の威力と同時に、捕手の課題を示した結果になった。鈴木は5回表も無失点に抑える。

 東海大菅生は3回裏に走者2人をおいて、8番・坂本竜人のライトへ本塁打を放ち3点。4回裏は東海大高輪台の2番手・梅澤昂大の乱調で4四死球を記録して3点を失う。5回裏は、東海大高輪台の3番手・杉崎夏輝から安打が2本続き、最後は4番・片山がライトに3ランを放ち、14-2、コールドゲームが成立した。

 印象に残るのは、東海大菅生の力強さ。既にNHKの報道番組で紹介されているように、フィジカルトレーニングの成果が大きい。とどめの3ランを放った4番の片山は、1年前は95キロだったベンチプレスの重量が、今は110キロまで上がるようになったという。ただ若林監督は、こうしたトレーニング成果に加えて、振り込んだことの効果が大きいという。片山も、「力をつけて、上体に頼り過ぎてもいけないので、下半身も強化したいです」と語る。パワフルな東海大菅生は、まだチームは発展途上という感じだ。今後、どのような姿をみせるか注目だ。なお3回戦は世田谷学園と対戦する。

 この試合では、東海大菅生に圧倒された東海大高輪台であるが、もともと力のあるチームだけに、昨年同様、夏はノーシードでの戦いになるが、侮れない存在であることは間違いない。

 

(文=大島 裕史)