代打逆転満塁本塁打を放った福嶋(右)と出迎える早稲田実業ナイン

福嶋の代打逆転満塁弾!早稲田実8回怒涛の猛攻で13年ぶりの関東大会出場決定

【 フォトギャラリーはこちら 】

 秋季都大会の準決勝と同一カード。この時は、9-0の7回コールドで早稲田実業が勝っている。準々決勝で関東一を破り勢いに乗る国士舘としては、秋のリベンジ、少なくとも、秋よりは成長した姿をみせたいところ。試合は一時、国士舘がコールド勝ちの勢いであったが、思わぬ方向に展開していった。

 早稲田実業の先発は背番号12の石井 豪国士舘は背番号11の石井 崚太。ともに左腕の石井が先発した。

 左腕投手は立ち上がり不安定なことがある。早稲田実業の石井の立ち上がりはまさにそうで、国士舘の1番・片岡将也の左前安打の後、犠打を挟んで、四死球が3個続き、押し出し。さらに今大会当たっている6番・嶋崎 優介が中堅手の右翼側を抜ける三塁打を放ち、満塁の走者が生還した。

 ここで早稲田実業は先発の石井から、右腕の池田 徹にスウィッチ。池田も国士舘の7番・田中 勇祐に右中間を破る二塁打を打たれ、1回表、国士舘は5点を入れた。それでも清宮 幸太郎主将が、「1点ずつ返せばいい」と言うように、早稲田実業は慌てない。

 その裏、早稲田実業も安打2本と四球で二死満塁のチャンスをつかみ、6番・西田 燎太の三塁線を破る適時打で2点を返した。

 国士舘は2回表に1番・片岡がレフトに本塁打を放ち、突き放そうとするが、3回裏に早稲田実業は、主砲・清宮がライトに特大の本塁打を放って追撃する。「最近では一番感触が良くて、気持ち良かったです」と清宮は言う。

 5回表、国士舘は四球2個に暴投が絡み二死一、三塁とし、6番・嶋崎の5球目にまたも暴投。1点を追加する。さらに次の球でエンドランをかけて嶋崎は左前安打。二塁走者が還って1点を追加した。

 国士舘は6回表も、四球と野選、内野安打で無死満塁のチャンスを作る。ここで得点が入れば、国士舘のコールド勝ちも見えてくるような場面だ。

 2番・眞崎甲太郎は浅い左飛で、満塁の走者はそのまま。続く3番・水野谷孝一郎は二ゴロ。4-6-3と渡る併殺で無得点に終わった。「あそこで追加点を入れていれば、決定的だったのですが」と、国士舘の永田昌弘監督が悔やむ場面であった。

 このピンチを脱したことで、流れは、早稲田実業に行く。6回裏、早稲田実業は代打・板谷 竜太が四球、さらに代打・小西 優喜が左前安打と代打攻勢で作ったチャンスで、1番・野田 優人が左中間柵越えの3ランを放ち、2点差に迫る。

 7回表、国士舘は4番・山本恵太の二塁打など、安打3本を放つが、走塁ミスもあり得点できない。
そうなると、球場の雰囲気も早稲田実業を後押しし、国士舘の選手は浮足立つ。