試合巧者対決を制した国士館が4強へ!5回に関東一、まさかの落とし穴



準決勝進出を決めた国士舘ナイン

 国士舘関東一も、相手の隙を突く試合巧者ぶりを発揮してきたチームだ。しかしこの試合、関東一としては近年見たことのない隙が生まれ、国士舘が勝利した。

 1回表関東一は、国士舘の先発、左腕の石井 崚太を攻め、二死一、二塁の場面で、「自分が打ったら勢いに乗る」と思って打席に入った、この試合の先発投手でもある小川 樹が、ライナーでレフトの柵越えをする3ランを放つ。さらに続く泉 健太も、小川よりは高い弾道でレフトの柵越えをし、関東一が幸先よく、4点を挙げる。

 高橋 晴が注目される関東一の投手陣であるが、小川も最速が140キロを超え、スライダー、カーブ、チェンジアップなどを投げる好投手だ。ただし、小川は「自分の課題は力んでしまうことです」と言う。

 4点をリードしても、小川に力みが感じられた。2回裏、国士舘は7番・嶋崎 優介のレフト柵越えの本塁打で反撃を開始。続く上原 隼は二遊間を破った打球が外野フェンスまで達する二塁打を放ち、石井の左前安打、1番・片岡 将也の二ゴロで生還する。3回裏にも金澤 諒平の二塁打、嶋崎の左前安打などで2点を挙げ、同点に追いつく。

 勝負を分けたのは、5回の攻防だった。5回表関東一は、9番の横山 尚輝が、投手のやや一塁寄りに高い飛球を上げると、これを一塁手が落球。ラッキーな出塁と内野安打、四球で一死満塁とする。続く溝渕 龍之介の痛烈な打球を、国士舘の投手・石井がグラブに収め飛び出した三塁走者を刺して併殺。今度は流れが国士舘に向かう。

 その裏一死後、4番・山本 恵太が左前安打で出塁したものの、続く金澤は投ゴロで併殺。4回から登板の高橋をはじめ、関東一の選手はベンチに戻ったが、捕手が打者走者の走路妨害をしたとして走塁妨害が適用され、一、二塁のピンチになった。