日大三、長打攻勢で5回コールドの圧勝!



金成麗生(日大三)

 4回戦こそ東海大菅生の細かい投手リレーに苦しんだものの、この大会の日大三の戦いぶりは、他を圧倒している。

 二松学舎大附の市原勝人監督は「勝つ時は接戦、負ける時は、こてんぱんにやられることもある」と選手に話していた。試合は、悪い予感の方に傾き、強豪同士の対戦であることを忘れるほど、一方的な展開になった。二松学舎大附の先発はエースの市川 睦だが、初回から日大三打線が襲いかかる。

 日大三の1番・井上 大成が左前安打で出塁すると、3番・櫻井 周斗は死球、金成麗生[/player}、比留間海斗と続けて四球を出し、押し出し。6番・日置 航は三振に倒れたものの、7番・津原 瑠斗の中前安打で2人が還った。「かわそうとして偏っていく。逃げ腰でした」と市原監督は、市川の投球を語る。2回表も、長谷川 央都の二塁打、金成の中前安打などで2点を追加する。

 日大三の先発はエースの櫻井。この日は武器であるスライダーに加えストレートに威力があり、外野に打球が飛ばない圧倒的な投球。ただ唯一危なかったのは2回裏で、二松学舎大附の4番・永井 敦士がエラーで出塁し、その後三塁まで進塁すると、6番・保川 遥の遊ゴロの間に生還した。けれどもこの1点も、日大三打線の前には焼け石に水だった。

 3回表は、「初回の三振は反省です」という日置が、初球を叩き左中間への本塁打。先発の左腕・市川は降板し、右腕の石田恭賀がマウンドに。