この日2本目となる本塁打を放った清宮(早稲田実業)

清宮幸太郎、完全復活を告げる2打席連続弾で駒大高を圧倒!

 2015年4月9日、入学式を終えたばかりの清宮 幸太郎早稲田実業)が、公式戦のデビューを飾ったのが、駒大高戦であった。あれから2年。主将としてチームのリーダーとなった清宮が、自らのバットで、駒大高を圧倒した。

 駒大高の先発は吉田 永遠。スライダーを得意とする左腕で、今大会、創価を完封するなど、波に乗っている

 1回表、早稲田実業の攻撃も簡単に二死になった。ここで打席に入った清宮は3ボール2ストライクの後のきわどい球を見極めて四球。続く4番・野村 大樹の内野安打、5番・福本 翔の右前安打で早稲田実業が1点を先制する。

 それでも2回表は、奪三振2で三者凡退に抑えるなど、吉田 永遠も並の投手でないことは感じさせた。

 ところが3回表の一死後、雪山 幹太、清宮に連続四球を出す。微妙なコースもあったがわずかに外れたことで、吉田 永遠の投球リズムが狂いだす。そして4番・野村がセンターオーバーの三塁打を放ち、2人が生還。野村も福本の中犠飛で還る。さらに6番・西田 燎太が四球で歩くと、7番・橘内 俊治が左中間を破る二塁打を放ち、3回表に4点を入れる。

 4回表には、四球の走者2人を置いて打席に入った清宮は、2ボールからの3球目、内角の直球を引っ張ると、ライトへの特大本塁打となり、3点を追加。

 この大会好投していた吉田 永遠も、何かが切れたような状態になり、四球2個に、牽制の暴投、打者のへの暴投と続き、追加点を許す。