二松学舎大附が快勝でベスト8へ!平間が3安打5打点の大活躍!



平間陸斗(二松学舎大附)

 投手のペース配分は難しい。初めから飛ばし過ぎると、途中でバテてしまう。といって、あまりに先を見過ぎると、相手に付け入る隙を与えてしまう。

 二松学舎大附のエース・市川 睦は、2回戦の早大学院戦では、初めに飛ばし過ぎて後半、球威が明らかに落ちてしまった。そして4回戦の朋優学院戦では「9回を意識して、気持ちが入っていませんでした」と市川が言う立ち上がり、朋優学院の攻撃を受ける。

 1回表朋優学院は四球の1番・松永龍介が、3番・湯原頑太朗の左前安打で二塁に進み、捕逸と4番・中村克樹の遊ゴロの間に生還する。日大豊山などを破り夏のシードを決めたチームの勢いそのままに、朋優学院が先制点を挙げる。

 しかし、こうした朋優学院の勢いを食い止めたのは、二松学舎大附の3番・平間 陸斗の一発だった。1回裏、内野安打の鳥羽 晃平を一塁に置いて平間は、レストスタンドに入る2ランを放ち、試合をあっさりひっくり返した。逆転後、二松学舎大附の市川は、走者を出しながらも、本塁を踏ませない投球をする。

 この大会を1人で投げ抜き、朋優学院の4回戦進出の立役者となったのが、左腕の小森 佑真だ。朋優学院には3年前にも石井 大己という、左腕の好投手がいたが、タイプとしてはよく似ている。

 しかし二松学舎大附は、平間の2ランの後は、じわじわと朋優学院の小森を攻略する。

 2回裏二松学舎大附は、四球の7番・市川が、8番・松江 京の犠打で二塁に進み、2番・鳥羽の左前安打で生還する。

 4回裏には安打2本と死球で一死満塁とし、2番・鳥羽の遊ゴロが野選となり、1点追加。さらに3番・平間の中前安打で2点を加える。平間は6回裏にも左前適時打を打っており、4打数3安打、5打点の活躍。

 7回裏には代打・秋広 涼太が敵失で出塁し、二盗した後、8番・松江の中前安打で還り8対1。7回コールドが成立した。

 この試合、4番の永井 敦士や5番の畠山 大豪は不振であったが、鳥羽や平間が活躍。「全員がいいということはない」と市原勝人監督が言うように、不振の選手がいても、それを補うだけの、層の厚さや、チーム内の競争があるのが、二松学舎大附の強みだ。エースの市川は、どうしても先輩の左腕・大江 竜聖と比較されるが、試行錯誤しながら、自分の投球スタイルを確立していくしかない。

 一方、敗れた朋優学院は、夏のシードは初めて。部員13人ながら「冬の間努力してきました」と宮原正幸監督が言う小森を中心に、まとまりはある。この試合ではコールドで敗れたが「付け込めないことはない」と宮原監督。初のシードで臨む夏に、ひと暴れできるか、注目される。

(取材=大島 裕史)
(写真:河嶋 宗一佐藤 純一

注目記事
2017年度 春季高校野球大会特集

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。