駒大高の鉄腕・吉田永遠!八王子の攻撃を振り切りベスト8進出!

吉田 永遠(駒大高)

 3回戦で強豪・創価を破り勢いに乗る駒大高が、昨夏の西東京の覇者・八王子に挑んだ一戦は、雨の中、波乱の展開になった。

 駒大高の先発は、3回戦で創価を完封した吉田 永遠。秋季都大会では1回戦で日大三相手に好投し、日大三の小倉全由監督も「あのピッチャーは良かったですね」と語る逸材だ。

 球速は140キロに達しないが、伸びがあり、スライダーのキレもいい。「緩急でなくて、高低で勝負できる投手です」と駒大高の川端教郎監督は言う。

 とはいえ、そこは試合巧者の八王子。1回裏は5番・山崎 智也の右前安打で1点、2回裏は、2番・加藤 大翔が中前安打で1点と、いずれも逆らわない打撃で、八王子が得点を重ねる。ただ駒大高の川端監督にすれば、「ビッグイニングさえなければいいと思っていました」と、慌てない。

 八王子の先発は、左腕の早乙女 大輝。相手のタイミングを外す投球で、序盤3回は安打を許さない。

 ところが4回表に、早乙女の投球が突然崩れる。始まりはこの回の先頭打者、駒大高の2番・岩村海秀を三振に仕留めながら、振り逃げで出塁を許したことだった。続く佐久間雄大は三ゴロで併殺かと思えたが、二塁封殺のみ。4番、先発投手でもある吉田 永遠が右前安打でチャンスを広げると、5番・馬場舜のライトオーバーの二塁打で1点を返す。さらに6番・小林龍弥のセンターオーバーの三塁打で2人が還り、一気に逆転する。

 この回あたりから、雨脚が強くなり出し、試合も風雲急を告げ始める。続く7番・吉田勝紀の一ゴロで、本塁送球したが野選になり、三塁打の小林も還る。ここで、制球力がいいはずの早乙女が連続して四球で歩かせ満塁に。八王子は早乙女とともに投手陣の柱である米原大地を登板させる。

 代わった米原から駒大高は、内野ゴロ、暴投、2番・岩村の右前安打で3点を追加。この回、一気に7点を入れた。

 その裏の攻撃で、八王子は3番・櫻井 陸朗のレフトオーバーの三塁打で1点を返す。八王子の粘り強い攻撃の前に、駒大高の吉田永遠は球数が増え、4回を終えたところで球数は97球を記録している。降りしきる雨の中、試合がいつストップしてもおかしくない状況になり、試合自体が落ち着かなくなってきた。