連打が止まらない八王子打線!強力打線・桜美林に打ち勝つ!



勝ち越し打を打った櫻井陸朗(八王子)
 

 八王子は苦しみながらも、4回戦進出を決めた。桜美林の先発は背番号19の楢葉 俊宗(3年)。楢葉はなかなかの速球派だった。1番高橋に対して、最速138キロを計測。その後も、右オーバーから常時130キロ~135キロ前後の速球を投げ込んでおり、体格も、179センチ80キロと体格も良い。期待の速球投手だ。

 その楢葉に対し、八王子打線はいきなり捕まえる。1回表は相手のミスで1点を先制すると、2回表には、初鹿野 滉平(2年)がライトスタンドへ飛び込む本塁打で2対0とした。

 しかしここまで2試合で20得点を奪っている桜美林打線。八王子の先発・早乙女 大輝(3年)を捉え、3回裏には2番大友翔太(3年)がレフトへ3ラン本塁打を放ち、逆転に成功する。どの選手もしっかりと体が鍛えられており、一冬の間に練習しているのがうかがえた。

 その桜美林以上につながったのが八王子打線だ。4回表、楢葉は走者を出してからの投球に課題を抱えており、球速、コントロールともにがたっと落ちる。そこを八王子打線は見逃さなかった。3つの四球でチャンスを作り、二死満塁から打席に立ったのは前回の東亜学園戦で2本塁打を打っている櫻井 陸朗(3年)。
「ファーストストライクから積極的に行こうと思っていました。狙い球とかはなくて、ストライクが来たら行く」
と誓った櫻井は、甘く入った変化球を捉え、打球はセンターへ抜けて2点適時打となり、逆転に成功する。櫻井はベースを回った後、大きくガッツポーズを見せた。昨秋、櫻井は打撃不振に苦しんでいた選手だったが、昨秋と比べると、打席に対して迷いがない。打撃好調の要因を聞いてみた。
「変えたのは気持ちの持ち方ですね。去年までは自分が自分がという気持ちでいたけど、今はどうやって後ろにつなぐか、チームバッティングについて考えるようになりました」

 率いる安藤徳明監督も、「だいぶ打席の中で吹っ切れるようになりましたね」とメンタル面の充実が、打撃の結果に好影響を与えていた。この春の活躍で櫻井は選手としてワンランクレベルアップ果たした。広い八王子球場で本塁打を打てるパワーがあり、メンタルも強く、さらに二塁、三塁、遊撃とオールラウンダーで守れる選手。このままいけば、強豪チームで続ける可能性を持った選手となるだろう。