投打に圧倒した東海大菅生が夏のシード権獲得!



3本のタイムリーを放った松井惇(東海大菅生)

「13安打で4点は物足りないですね。肝心なところで打てたから4点入ったのかもしれませんけど。また3安打しか打たれていませんけど、ピンチが何度かありました。あってはいけないんですけどね……」と、勝利したにも関わらず、東海大菅生の若林 弘泰監督は厳しい言葉を並べた。

 初回、先頭の1番中尾が二塁打で出塁し、2番田中がバントで送り、3番松井がセンター前へタイムリー。理想的な形で先制した。3回には2番田中が四球で出塁し、すかさず盗塁。足も絡め、得点圏に進みまたも3番松井がタイムリー。その後、6番西川にもタイムリーが生まれ、2点を追加した。そして6回には、全く初回と同じ形で、松井が再びタイムリーを放ち1点。先制、中押し、ダメ押しと着実に得点を重ねた。

 投げてはエース小玉が、8回被安打3、無失点の好投。非常に力のあるストレートと、曲がりの鋭い変化球を武器に都立小山台打線を封じ込めた。

 試合は4対0というスコアながら、スコア以上に、投打に渡って圧倒したといってもいいだろう。

 13安打を放つなど打線は好調。中でも1番中尾、2番田中、3番松井 惇の上位3人で7安打と、非常に機能した。「中尾を1番に入れたことで、練習試合から少しずつ機能している感じはします」と、若林監督は手ごたえを感じているようだ。特に松井は初回の先制タイムリーを含む、3本のタイムリーを放ち、チームが挙げた4点のうち3点を自らのバットで挙げた。「少ないチャンスをものにできるようにと、心掛けています」と、名門校の3番に座る松井からの言葉に貫録すら感じた。

 今後に向けて、若林監督は「選手たちは力を持っていると思います。それを試合に出せるか出せないかです。腹を据えて、1つ1つ戦っていきたい」と、今後について語った。そして松井も「1人1人がもっともっと、つなぎの意識を持ってやっていけるようにしたい」と、改善点を口にした。

 夏のシード権獲得となったが、まだ大会は続く。次戦は選抜にも出場し、今大会本塁打を量産している日大三と激突。東海大菅生が、強敵相手にどんな野球を見せるのか注目だ。

(文=編集部)

注目記事
2017年度 春季高校野球大会特集