ワンチャンスをものにした駒大高が夏のシード権獲得!



完封勝利の吉田 永遠(駒大高)

「相手のミスにつけ込んで点が取れた。これが大きかった」
駒大高・川端 教郎監督は時折笑顔を見せながら、試合を振り返った。

 前半戦は、創価のエース菊地と駒大高吉田 永遠の両先発が三塁すら踏ませない見事な投球を披露。その中で創価は3度、駒大高は1度、回の先頭打者が出塁するも、両校ともに得点の糸口が見つからない。

 スコアボードに0が並んだまま、後半戦に突入。この日はグラウンド整備が行われなかったが、整備後の6回は試合がよく動く。この試合も得点が動くこととなった。

 先制したのは駒大高だった。先頭の9番黒田が四球で出塁。続く1番保谷はヒットでつなぎ無死一、二塁。その後、2番岩村はきっちりとバントを決めた。この打球を創価のエース菊地が三塁フォースアウトを狙ったが間に合わず、無死満塁。この試合両チーム通じて最大のチャンスが駒大高に訪れた。そして3番佐久間の打球はセカンドの正面に飛んだが、併殺を狙ったセカンドがボールを握り損ねる間に三塁走者が生還(記録は内野安打)。駒大高に待望の先制点が入った。その後二死となるも、6番吉田(勝)が四球を選び押し出し。さらに1点を加えた。

 反撃に転じたい、創価だったが駒大高・吉田の投球の前に、チャンスが作れない。

 試合のペースを完全に握った駒大高は、8回。先頭の3番佐久間から、7番小林までが5連打と打線がつながり3点を追加。試合を決定付ける貴重な得点を挙げた駒大高は5対0で勝利。夏のシード権を獲得した。

 試合後川端 教郎監督は「相手のミスにつけ込めたのが大きかったですね。先制した後の押し出しでの得点が特に大きかった」と、回答一番口にした。

 序盤は攻撃の糸口が見つからずにいたが、「自分とではなく相手と勝負するということと、冷静にプレーすることを選手たちに話しました」と、勝因ともいえるタネを明かしてくれた。加えて、先発した吉田については「勝つとしたらロースコアだと思ったので、吉田に行ってもらおうと考えていました。完封はできすぎです」と、1つ1つ丁寧に振り返った。

 完封した吉田は「直球と変化球のコントロールができたことが大きかった」と自身の投球を振り返った。さらに「うちのチームは先取点を取れば波に乗れます。なので先制点を取られないよう、粘り強く投げました」と、チームの勝利のためにという気持ちを見せた。夏までにまだまだ成長する予感が漂う。今後も注目だ。

 この試合に勝利し、夏のシード権獲得となったが大会はまだ続く。「選手と一緒に、流れといいますか勢いに乗っていきたい」と川端監督は語気を強めた。今後の駒大高の健闘を祈りたい。

(文=編集部)

注目記事
2017年度 春季高校野球大会特集