9回の土壇場でひっくり返した朋優学院、13人のまとまりも見事

力投した小森君(朋優学院)

 何とか、夏の東東京大会のシード権を獲得したい両校である。そのためには、この日の試合は大事な試合だ。2000(平成12)年夏には悲願の甲子園初出場も果たしている日大豊山だが、現在はその当時に生まれた選手たちが戦っている。だから、もちろん母校の甲子園出場のリアルタイムでの記憶はない。やや低迷期もあったことも否めない。それでも、一昨年夏の東東京大会では決勝進出を果たしているということもあり、もちろん上位進出は意識しているはずである。

 朋優学院は今大会は登録部員13人で戦うという小世帯だ。品川区西大井に学校はあるが、グラウンドもなく、校庭そのものも狭く、どうしても選手も集まりにくく、高校野球部としては厳しい環境である。しかし、昨秋も都大会は1回戦を突破しており、宮原 正幸監督が毎年好チームを作り上げてくるということでは定評がある。

 そんな両チームの試合は、いきなり初回の攻防で動き始めた。

 まず朋優学院が先頭の松永 龍介君の安打と2四球などで二死満塁として、6番堀 泰貴君の右前打と、後逸もあって3点が入る。しかし、その裏に日大豊山も一死から青木 尚大君の左越二塁打と続く西村 達貴君の左越三塁打に5番和地 新太君の左前打などでたちまち1点差とした。さらに日大豊山は3回には一死一塁に安打の西村君を置いて、和地君が左越二塁打して帰して、試合は振り出しに戻った。

 日大豊山の福島 直也監督は、3回途中で先発の美濃部道仁君を諦め、二番手として名倉 侑田君を送り出していた。4回には、朋優学院が松永君のタイムリー打で、日大豊山は9番に入っていた投手の名倉君のタイムリー打で、お互いに1点ずつを取り合った。しかし、以降は、小森君と名倉君の投げ合いとなった。序盤の点取り合いから一転して、5回以降はお互いに0が並ぶ展開となっていた。

 日大豊山は8回から福島監督は、三人目としてエースナンバーをつけた2年左腕坂井 柚介君を投入。やや、膠着しかかった流れを変えにかかった。

 すると、それに応えたかのように、その裏、日大豊山は7番齋藤 響君が左翼スタンドへ放り込むソロホームランを放って、この試合初めてリードを奪う。よく、競り合った試合では8回裏の1点は、何点もの重みがあるとも言われる。そんな一発になったかと思われた。

 ところが、朋優学院はそれを覆した。