都立調布南の勢いに序盤は苦しんだ岩倉、6回大量点で決着

都立調布南バッテリー

 112校が参加した春季東京都大会だが、1日から始まったが早くも2回戦に突入。この1週間で、一気にベスト8まで決まってしまうので、チームとしては勢いに乗ることも大切になってくる。一次ブロック予選から勝ち上がり、本大会でも初戦で駿台学園を下した都立調布南は勢いに乗っている。その勢いは、強豪岩倉に対しても、ひるまず向かっていく形で表れた。

 初回に、岩倉は二死走者なしから安打と四球でチャンスを作ると、5番森本克哉君が中前打して先制するが、都立調布南もすぐに2回、二死二塁から檮木亮介君が右前打で帰して追いつく。すると、3回には、岩倉が一死二塁から3番涌井和人君の左中間二塁打で再び突き放す。

 しかし、岩倉の投手陣はもう一つ制球が不安定だった。3回から先発の高橋 大地君をリリーフした丸山和輝君だったが、4回は5四死球のボークと押し出しで都立調布南の逆転となる。都立調布南の積極的に行こうという姿勢で相手にプレッシャーを与えていたところもあったのかもしれないが、丸山君はリリースポイントがばらつきすぎていて、どうにも制球が定まらなかった。

 結局5回に二死から連続四球を与えたところで、岩倉の豊田浩之監督はたまらず、エースナンバーをつけている三田 知樹君を送り出した。ただ、三田君もこの回こそ三振で切り抜けたが、6回には2四球を出すなど、もう一つ制球が定まり切らなかった。

 1点のビハインドで追いかける岩倉としては7人の左打者がズラリと並んでいたが、都立調布南の五味進一君を打ちあぐみ、内側の球を打ち切れないでいた。いささか焦りも出てくるところでもあったが、6回には豊田監督は、「バットを一握り短く持って、コンパクトに振り切りなさい」という指示を出したが、それが功を奏した。