岩倉が11安打11得点で快勝!

先発の三田(岩倉)

 秋は都大会の1回戦で国士舘に2対3で9回サヨナラ負けをした岩倉と、1次予選の代表決定戦で都立の強豪・都立雪谷に2対3で惜敗した都立上水の試合。実力、実績ともセンバツ優勝経験のある岩倉が上回っているが、岩倉の豊田浩之監督は、都立上水の上位打線をみて、「大量失点もある」と思ったそうだ。

 実際に1回裏、都立上水は3番・原田大夢が、ライト柵越えの本塁打を放ち、先取点を挙げる。

 それでも岩倉は、2回表すぐに反撃を開始し、5番・森本克哉の右前安打に2四死球で無死満塁のチャンスを作る。8番、先発投手の三田 知樹が遊ゴロで森本が生還し、同点。さらに二死後、1番・山口龍哉のバント安打で逆転する。山口が二盗し、二死二、三塁として、2番・山田航大の左前安打で2人が還り、この回、4点を挙げる。

 それでも都立上水は、1番・曽根侑羲が遊失で出塁した後、2番・中野厳生が右中間を破る二塁打を放ち、1点を返す。岩倉の先発・三田は武蔵村山三中の出身で、中野は武蔵村山五中の出身で、中学生時代から、良く知った間柄だという。

 中野の二塁打で反撃機運は高まったが、4回表、岩倉打線は都立上水の先発、変則モーションの右腕・鈴木健介を攻める。一死後9番・八代唯人がレフト線の二塁打を放つと、1番・山口の右前安打で八代が生還。2番・山田の死球に続き、3番・涌井和人がレフトオーバーの二塁打を放ち2人が還る。

 岩倉が試合を優位に進めるものの、5回裏には二失の後、都立上水の1番・曽根がレフトオーバーの二塁打を放ち、都立上水が1点を返す。