長打を絡め、駒大高が12得点コールド発進!



本塁打を放った馬場を迎える駒大高ベンチ

 試合後、駒大高の川端 教郎監督が「100点満点」と評価したこの試合。

 先にチャンスを作ったのは都立芦花。1番前田 響(3年)が右前打で出塁すると犠打、四球で二死一、二塁。ここで駒大高の先発、吉田 永遠(3年)が後続を抑え無失点に抑える。

 吉田は「初戦なので、力まず、枠に投げて打たせていこうということを意識した」と今日のピッチングを振り返った。その通りに、2回、3回とランナーは出すが、2つの併殺など打たせて取るピッチングを披露。川端監督も「ストライクを通すことを第一にというのはいつも言っているので、その通りやってくれたと思います」と評価。

 駒大高の先制点は本塁打から生まれた。初回は三者凡退に終わり、2回の攻撃。一死から打席には馬場 舜(3年)を迎える。「ノーヒットで回ってきたので塁に出て勢いづかせようと思って打席に入った」と語った馬場が放った打球は、高く上がりレフトスタンドへ。打った瞬間、入ったと思わせるような本塁打となり先制点を奪う。公式戦初ホームランだという馬場について、川端監督は「彼はプレッシャーとか感じないでやる子なので特に言うことはありません。好きにやれって感じですね」と信頼を寄せている様子だ。

 駒大高打線は2回にも2点を奪うと、5回には小林 龍弥(3年)の三塁打など一挙6得点で都立芦花を突き放し、6回コールド勝ち。12対0で白星を飾った。

 川端監督は「冬は野球の技術の練習、そして実践の練習をやってきました。その技術の向上を今日の試合で見ることができたと思います」と冬の成果が見え始めている様子。

 そして大きく変わったのは「雰囲気」だ。「雰囲気の改革といいますか、とにかく明るく元気よく、失敗を恐れずにチャレンジしなさいというのが徐々に浸透してきたかなという感じです」。

 この「雰囲気」については主将の川光 真太郎(3年)も「自分達主体で練習メニューを組んで、雰囲気作りからやっています。その自分達からという意識でやっていけているので、いい雰囲気で野球ができていると思います」と分析する。その川光主将は次戦に向けて「一戦必勝で倒したい」と語った。

 勝利した駒大高は4月5日、多摩市一本杉公園野球場にて、都立田無と対戦する。

(取材・写真=編集部)

注目記事
2017年度 春季高校野球大会特集

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。