城西大城西、3度のビッグイニングで、城の東西対決を制す

後藤(城西大城西)

 都立城東城西大城西という、城の東西対決。東京が東西二代表になった1974年の夏の甲子園大会では、後に広島の遊撃手として活躍する高橋 慶彦投手を擁し、初代の東東京代表になり、79年の夏の甲子園では準々決勝に進出した実績のある城西大城西であるが、近年の実績では、都立城東に水をあけられている。しかしこの秋は、好投手・後藤 茂基を擁し、名門復活が期待されている。

 一方この夏の東東京大会ベスト4の都立城東は、エースの小林 甲汰が本調子でなく、身長164センチ、体重54キロと言う小柄な背番号10の左腕・皆川 友汰が主戦投手になっている。それでも皆川は、2回戦錦城学園戦は失点1で完投するなど、球威はそれほどないものの、丁寧な投球で、チームの3回戦進出の原動力になっている。

 しかし城西大城西は、皆川の緩い球を、しっかり溜めて打ち返し、初回で試合をほぼ決めてしまった。

 1回表城西大城西は、2番野口 直輝の左前安打、3番三枝 諄輝の四球に続き、4番筒井 奏羽の左中間を破る二塁打で1点を先制すると5番清水 綾太の中越えの二塁打で2人を還し、6番後藤は四球、7番須永 航平は一ゴロで走者は二、三塁に進み、8番土屋 瑠世の中前安打で2人が還り、1回表に城西大城西は5点を入れる。

 しかしこの大量点で城西大城西のエース・後藤は「気の緩みということではありませんが、かえって力んでしまって」と語る。

 1回裏都立城東は2番河合 和也の死球、3番田中 颯人の中前安打、4番茂木 郁己の四球で満塁とし、5番宮坂 隆吾のライトオーバーの二塁打で2人が還り、6番佐藤 良祐の遊ゴロの間に茂木も還り、5対3とする。初回をみた感じでは、乱打戦の様相を帯びていた。しかし城西大城西の後藤は、「ショートから『力が入っている』と言われ、意識しました」と語るように、2回以降は力が抜け、本来の力のあるストレートに、スライダー、カーブと、左右を有効に使った投球で、都立城東打線を抑えるようになる。