逆転に次ぐ逆転!城西大城西が接戦を制し三回戦へ!

好投した後藤(城西大城西)

 秋季東京都大会二回戦第二試合はともに全国大会出場経験のある堀越城西大城西の私学同士の対戦となった。

 堀越は背番号10左の関口 瑛人がマウンドに上がり、城西大城西はエースの後藤 茂基が登板した。試合はまさに投手がどのようにランナーを出すかという点で明暗が分かれていった。

 2回城西大城西は四球で出塁したランナーを送るなどしてチャンスを広げ、1番高橋 泰雅がライトへの犠牲フライを放ち先制点を挙げる。しかし続く3回堀越が反撃に出る。ここまでヒット数で上回りながら要所で抑えられていたが9番根津 隆斗がヒットで出塁、続く1番鈴木 渉太、2番熊谷 哲平がつなぎ無死満塁のチャンスを作り、3番谷山 拓樹が左中間へ逆転タイムリーを放ち一気にこの回3点を挙げた。

 しかしここまでチャンスを作ってきた城西大城西は失点後も勢いを失わない。4回裏四球などが絡み一死一二塁のチャンスを作ると1番高橋がこの日2打点目となるタイムリーヒットを放ち、点差を詰める。さらに5回には7番須永 航平がライトスタンドへ逆転2ランを放ち逆転に成功した。このホームランについて城西大城西の高野監督は「一番練習をしていた選手なのでやっと出たかと感じた」と笑みで語っていた。

 味方のホームランで勢いを増した城西大城西エースの後藤は6回を三者凡退で抑えチームにさらなる勢いをもたらした。

 惜しくも敗れた堀越先発の関口はヒット2本しか打たれていないが、四球の多さにより毎回ランナーを背負っているため苦しい立ち上がりとなった。その後はランナーをためながらも2失点で抑えたため試合を作ったと言えるが、四球でランナーを出すとリズムが崩れてしまうため減らしていきたい。

 勝利した城西大城西の先発の後藤はストレートが非常によく角度もあるので空振りを取れる。そのため堀越打線が高めのつり球に手を出すケースがよく見られた。前半まででヒット8本打たれるが、リズムよく投げているからこそ野手からいくつも好プレーが生まれていった。高野 勝監督も「後藤は粘り強く投げてくれた。失点こそしたもののその後はしっかりと立ち直ってくれた。褒めるしかない。チームとしても最終回にミスが出たがそれ以外はほとんどミスがなくできた」と逆転勝利した選手たちを称えていた。

注目記事
・2016年秋季大会特設ページ

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。