片倉が5回に打線爆発で逆転し、辛くも逃げきる

逆転三塁打を放ってガッツポーズの片倉・中野君

 今大会は登録部員13人の朋優学院。それでも初戦は目黒学院にコールド勝ちしてきた。また、都立片倉も初戦は日大桜丘に完封でコールドゲームで快勝している。お互いに勢いに乗っている同士の対戦となった。投手がお互いにいいので、それ程点は入らない試合になっていくのではないかと思われた。ところが、そんな想定に反して、いくらか乱戦気味の展開となった。

 まず初回、朋優学院は二死走者なしから3番堀君が中前打すると、続く中村君が簡単にストライクを取りに来た高橋歩武君のストレートが高めに入ったところを捉えて右中間三塁打してあっさりと先制。さらに、2回にも失策と、制球の定まらない高橋君が3四球を選んで押し出しで追加点が入った。都立片倉としては、まさにやらずもがなの失点となってしまった。

 それでも、都立片倉は4回に2番藤井君の二塁打と暴投、高橋君の投手強襲の内野安打で何とか1点を返す。しかし、朋優学院もすぐに、5回に一死一三塁を作ると、三塁走者が挟まれながらも送球ミスもあって生還。またまた、もらった形で朋優学院に得点が入った。

 ここまでの展開で行けば、都立片倉としてはやることなすことが裏目、思惑と違う展開になっていった。都立片倉の宮本秀樹監督は、「完全に負け試合の展開でしたよね」と、試合後は辛勝に渋い表情だった。

 それでも5回、都立片倉はこの回だけ単調になってしまった小森君を攻めて一気に5点を奪って逆転した。