国士舘、初回の猛攻で5回コールド

深澤(国士舘)

 1回戦は都立荒川工に5回コールドで大勝した実践学園と、岩倉相手に苦しみながら9回サヨナラ勝ちした国士舘の対戦。しかしこの試合は、強豪対決で苦しみながらも勝ち上がった国士舘の勢いを感じる試合であった。

 実践学園の先発は背番号3ながら、夏の大会でも先発登板している佐々木 雄也国士舘は身長186センチと長身のエース・深澤 史遠が先発した。

 1回表実践学園は、1番村上 潤が中前安打を放ちながらも、不用意に飛び出して、中堅手・真崎 甲太郎の好送球に刺される。格上相手の対戦では、こうしたミスが痛い。続く2番森 悠真が絶妙のバント安打を決めたが、後続を断たれる。

 するとその裏、国士舘は1番夏伐 京平が中前安打、2番内藤 真が送り、3番水野谷 孝一郎が四球で出ると、怒涛の攻撃が始まる。

 4番山本 恵太が中前安打、5番島崎 優介がレフト線に二塁打、6番真崎が右前安打、7番上原 隼が左前安打、8番赤川 輝が右翼への二塁打と、5者連続の安打。それに9番深澤のスクイズも決まり、1回裏に大量6点を入れた。

 さらに2回裏には、内野安打2本を含む3安打と、2四死球などで4点を追加。3回裏は嶋崎の中犠飛などで1点、4回裏は実践学園の3番手、身長190センチの長身・市川 憧瑠から代打石戸 栄吉の三塁打などで3点を奪い、14―0。

 実践学園は4回表に、2つの死球に、内野の失策もあり、一死一、三塁のチャンスを迎えたが、深澤が後続を連続三振に抑え、得点を許さない。深澤は4回を投げ、被安打3、奪三振5で無失点。5回表は、1年生の夏から公式戦で投げている城田 真理人が三者凡退に抑え、5回コールドが成立した。