東海大菅生 3回の猛攻で圧勝も、守りは不完全燃焼

松本(東海大菅生)

 久々に快晴の土曜日になり、神宮の杜は、抜けるような秋の青空が広がった。

 第1試合は、1回戦都立三鷹中等教育に苦しみながら勝った都立都立高島と、1回戦大成に大勝した東海大菅生の一戦。

 東海大菅生の先発は、背番号1の松本 健吾。2回表都立高島は、この回先頭の5番佐藤 海波がうまく流して、レフト線への二塁打を放ち、東海大菅生の松本を攻める。しかしアウトローにズバリと決めるストレートに、フォーク系の落ちる変化球などで、後続を断つ。

 すると今度は、東海大菅生都立高島のエース・中澤 有司郎を攻める。2回裏一死後、7番鹿倉 凛太朗が内野安打で出塁すると、8番田中 幹也の二ゴロを、二塁手が併殺を焦り失策。9番松本が送り、二、三塁とし、1番小玉 佳吾の中前安打で2人が還る。

 2点をもらった東海大菅生の先発・松本であるが、3回表も2安打を浴びるなど、今一つピリッとしない。3回表は無失点に抑えたものの、安打を2本打たれた。

 それでも3回裏、東海大菅生の猛攻が始まる。3番松井 惇の内野安打をきっかけに、4番成田 優斗、5番奥村 治の3者連続安打で1点。さらに6番猪俣 寛太の右前安打に続き、7番鹿倉の一ゴロを、一塁手が本塁に暴投して2人が生還。8番田中の内野安打で1点を加え、1番小玉の左中間を破る二塁打で2人が還り、この回一挙6点を挙げ、試合を決める。