都立城東、反省点が多い試合ながらも守り勝ち3回戦進出!

完投勝利の皆川(都立城東)

 9安打放ったものの、都立城東からすればあと1本が出ない苦しい試合展開であった。1番佐藤良が中前安打を放ち、その後、犠打で一死二塁となって、3番田中の適時二塁打で先制する。ここから都立城東の技巧派左腕・皆川友汰(2年)が力投を見せた。

 左腕から投げ込むストレートはそれほど速くないが、お手本のようにコントロール良く投げ分ける。また捕手・両角亮のリードも良かった。
錦城学園の打者たちは打ち気にはやっていて、前よりで打席に立っているので、手元で沈むチェンジアップが有利かなと思いました」
微妙にボールを動かして、打たせて取る投球。走者を出しても併殺に切りぬけるなどリズムの良い投球を見せていた。

 途中、錦城学園にエンドランを決められたが、走者に足が当たってアウトになる幸運や、7回裏、二死二塁から安打を打たれるも、ライトの好返球でアウトになるなど味方の好守もあった。
 8回表、都立城東は4番茂木 郁己の貴重な適時打で2対0と点差を広げる。このロースコアでも皆川は落ち着いて投球を見せていた。9回裏、錦城学園は追い上げ、無死満塁のピンチ。皆川もさすがに「これはやばいです!」と思ったそうだが、味方のミスで1点を取られたが、センターフライで三塁走者がオーバーランしてしまったにも救われて、最後は内野ゴロに打たせて取り、見事に締めて完投勝利。3回戦進出を決めた。

 都立城東の池上茂監督は「結構ついていたと思うところが多いです。しっかりしてほしいと思うところがまだまだあるのですが、シード権をとれてほっとしています」と安堵している様子であった。

 他の選手たちに話を聞いても、反省の言葉ばかり。こういう反省心が次につながるのだろう。2年連続の秋のベスト8を目指して、2回戦以上の戦いを見せることが注目される。

注目記事
・2016年秋季大会特設ページ

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。