逆転また逆転のシーソーゲーム!最後に制したのは、日大豊山!

 7月20日、東東京大会ベスト8残り4つのチームを決める戦いが行われた。神宮第二球場の第1試合は、日大豊山と第4シード・岩倉の対戦。日大豊山は今大会、失点はしつつも打撃でカバーという戦いぶり。4回戦では薄氷を踏む思いで都立三田になんとか勝利、というものの、勝負強さは見せている。一方の岩倉はここまで無失点。シード校らしく安定した戦いぶりでここまで来た。そんな両者の対決は逆転に次ぐ逆転とドラマチックなものとなる。

 初回、互いにチャンスを潰し合ったあとの2回表、日大豊山は先頭の5番・奥村 優太がヒットで出塁すると、すかさず6番・西村 達貴がタイムリーツーベースを打って先制。3回表には一死から2番・木村 太賀が内野安打で出塁すると、3番・秋庭 蓮のヒットで三塁まで進む好走塁。4番・横尾 祐太の犠牲フライで生還、と足で追加点を稼ぐ。さらに二死二塁から5番・奥村がタイムリーツーベースと畳みかけるような攻撃でここまで3点をリードする。

 一方の岩倉も黙って良いようにやられるわけにはいかない。3回裏、9番・宮原 陸、1番・伊勢 海星が連打で出塁、無死二三塁とプレッシャーをかけると、3番・安田 拓矢はスクイズを敢行。打球処理の際、ファーストへの送球がエラーとなりランナー2人が一気に戻り1点差に詰め寄る。
日大豊山の攻撃を先発・市川 幸輝が抑えている中、6回裏、二死一塁から6番・小岩 和樹がセンターの一番深いところへ2ランを叩き込み2点を追加。これで岩倉は4対3とこの試合初めてリードする。
形勢逆転、岩倉が押せ押せになるかと思われたが、この小岩の一発は試合が動くキッカケとなった。

 続く7回表、日大豊山は一死から1番・宮原 達也が内野安打で出塁。四球とエラーで満塁のチャンスを得る。ここで4番・横尾は押し出しの四球を選び、続く5番・奥村は2点タイムリーを放ち、この回3点。日大豊山が再びリードを奪う。

 打ち合いを受けて立った岩倉はその裏、2つの四球で無死一二塁。1番・伊勢が送り、一死二三塁から2番・安田がタイムリーを放ち1点。さらに3番・弓指 匠がスクイズを成功させ同点とする。二死ながら一塁のこの場面、打順は4番へというところで、岩倉は代打のコール。球場がざわめく中登場した萩原 慎はセンターオーバーのタイムリースリーベースを放ち、この回3点目。采配がズバリ的中した形で岩倉が再逆転に成功する。