ワンチャンスをモノにした修徳 都立桜修館の快進撃をストップ!

 7月19日、神宮第二球場では東東京8強入りをかけた5回戦2試合が行われた。
第1試合は、修徳都立桜修館の対決。強豪・修徳都立桜修館がどこまで迫れるかという試合が予想された。

 修徳佐藤 廉都立桜修館小林 宗弘の両先発で始まった試合は1、2回は共に三者凡退。4回終了まで互いにヒット2本と静かな序盤となる。

 だが5回裏、ここまで好投を続けてきた小林に疲れが見え始める。修徳この回先頭の7番・牧野 幹大にヒットを許すと、バントを決められ一死二塁。続く9番・佐藤 廉はショートのファインプレーでアウトに仕留めるものの、1番・高山 幸也に対したところで突如コントロールを乱し、ストライクが入らなくなる。高山にはストレートの四球。さらに2番・遠藤 幹太にも四球を与え満塁。スタンドから小林コールが鳴り響く中、3番・澤地 泰雅にも四球を与え、押し出しで先制を許してしまう。

 百戦錬磨の修徳がこの隙を見逃すはずが無かった。なおも二死満塁で4番・渕上 聖司の叩き付けるような打球は高いバウンド、ショートのグラブをかわし外野へと抜ける2点タイムリーに。5番・青野 甲治は右中間へ打球を飛ばし、さらに2点を追加。そしてなおも二死二塁。ここで送り込まれた代打・高嶋 賢佑が代わった田村 駿介からセンターオーバーのタイムリースリーベースを放ち、これでこの回6点目。一気呵成の攻撃で大きくリードを奪う。

 都立桜修館は続く6回表、一死から1番・吉中 佑宣、2番・持丸 航毅の連打と3番・石井 正純の四球で満塁のチャンスを得るが、後続がファーストフライ、ショートゴロに打ち取られ得点ならず。7回にも2つの四球とヒットで二死ながら満塁のチャンスを得るが、あと一本が出ない。

 一方の修徳も5回途中からマウンドに上がった都立桜修館・田村を打ち崩せず。都立桜修館の堅い守りもあり得点が出来ない。

 結局そのままスコアは動かず。少ないチャンスをモノにした修徳が6対0で勝利し8強入りを果たした。

 都立桜修館は、昨夏は3回戦で敗退。秋、春ともにブロック予選を突破できなかったチームが、エース・小林 宗弘を中心に1回戦からここまで無失点。まさに快進撃という勝ち上がりを見せてきた。この試合は敗れたものの、ベスト16という成績は快挙とも言っていいだろう。だが試合後、選手たちはやり切ったという表情の中に悔しさも滲ませていた。それほどチーム状態が良かったのだろう。
実は都立桜修館はベンチ入りメンバーの半数以上が1、2年生という若いチーム。頼れる先輩たちと共に戦いこの経験を手に入れたメンバーたちはきっと秋、春、そして来年の夏とまた力強くなってくるはず。これからが楽しみなチームの一つなことは間違いない。

(文=青木 有実子)


注目記事
第98回全国高等学校野球選手権大会 特設ページ