逆転に次ぐ逆転で青稜が勝利!

 ほぼスタンドの席が埋まった江戸川区球場では、第1試合都立高島の対戦に続き、第2試合目の青稜京華商の試合も接戦になった。

 先に試合を動かしたのは、青稜
初回から、二死二塁のチャンスを作ると4番の角屋 亮介がライト戦へのツーベースで幸先良く、青稜が先制点を挙げる。

 しかし、京華商が3回裏に反撃。
先頭の8番本間 吉央がレフトへ特大のホームランを放ち同点に追いつくと、その後ヒットやフォアボールでチャンスを広げ二死一、三塁。このチャンスで4番山本 健太がセンターの前に落ちるポテンヒットで逆転に成功し2対1とする。

 その後はお互い均衡し、6回までゼロを並べる。
嫌な流れを止めたい青稜は、7回表に一死二、三塁のチャンスを作る。ここで8番吉田 悠人が打った打球は前進守備のセカンド正面へ転がり、ホームに送球するが、三塁ランナー近藤 英雄が上手くスライディングで回り込み、1点を奪い同点にする。続く9番本宮 圭汰がセンター前に放ち、3対2として再びリードを奪う。

 それでも8回裏。京華商が喰らいつき同点に追いつく。
先頭の代打渡邊 寛太がセンター前で出塁すると、その後、犠牲フライやデットボールでチャンスを広げ、二死一、二塁。6番関谷 優斗がしぶとくライト前に放ち、二塁ランナーが生還。再び、同点に追いつき最終回へ突入する。

 9回表、青稜が意地を見せる。二死一、二塁になったところで、1番佐々木 大晟がセンター前に適時打で1点追加する。続く2番田中 蓮がレフト前に放ち、さらに1点を追加して5対3と広げる。

 9回裏は3番手の邨田がこのリードを守り、青稜が3回戦を突破。青稜の次の相手は、強打の都立高島。勢いそのままに勝ち上がっていきたいところだ。

(文=編集部)


注目記事
第98回全国高等学校野球選手権大会 特設ページ