1イニング8得点含め毎回得点!東亜学園、コールドで5回戦へ

 厚い雲に覆われ蒸し暑さが増す7月17日、明治神宮野球場では東東京大会2試合が行われた。第1試合は、第3シードの東亜学園共栄学園の対戦。

 試合は初回から慌ただしい展開。1回表、東亜学園は5番・栗原 多門のタイムリーで先制する。しかし共栄学園もその裏、1番・吉田 航がセンターの頭上を越すスリーベースで出塁しチャンスを作ると、2番・池田 泰河がタイムリーを放ちすかさず同点に追いつく。

 だが東亜学園は2回表にエラーで勝ち越すと、3回には二死一塁から7番・土岐 大聖がライトへ2ランを放ち2点追加。じわじわ点差を広げ、そして4回、一気に爆発する。

 2つの四球と3番・北澤 健一のヒットで満塁とすると、4番・鈴木 翼が綺麗にレフトへ弾き返す2点タイムリー。その後再び満塁のチャンスを作りボークで1点を追加した後、先ほど2ランホームランを放った7番・土岐はセンターへの2点タイムリー。9番・藤下 凌也もタイムリースリーベースで続き、これで10対1。
だが打者一巡してもまだ止まらない東亜学園。四死球で満塁とすると、3番・北澤が2点タイムリーツーベースを放ち、この回8点目。12対1と一気にリードを広げる。

 共栄学園はその裏、先頭の4番・田邊 悠史がヒットで出塁。エラーで一三塁とすると、6番・栗原 祐樹のタイムリーで田邊が還り1点。さらにゲッツー崩れの間にもう1点を奪いこれで9点差。ひとまずコールドの危機を脱する。

 続く5回表、東亜学園は外野フライを打ち上げあっさり二死となるが、ここから粘りを見せる。7番・土岐が四球で出塁すると、8番・二階堂もヒットで続き一二塁。そして9番・藤下のセンターへのヒットで土岐が一気にホームへ還り13対3と再び10点差を付ける。

 その裏共栄学園は、先頭の主将・吉田が執念の内野安打で出塁するが、後が続かず、最後はダブルプレーでコールド成立。四死球で4回出塁した小野を除き、先発全員安打となった東亜学園が勝利し、4回戦進出を決めた。

(文=青木 有実子)


注目記事
第98回全国高等学校野球選手権大会 特設ページ