しなやかさを失ったプロ注目左腕・長谷川宙輝

 常に自分の投球をする難しさを実感する試合だった。プロ注目の本格派左腕・長谷川 宙輝聖徳学園)は前回の都立多摩工戦(観戦レポート)で6回11奪三振の好投を見せた。國學院久我山戦へ向けて、上々の出だしを切ることができた。しかし同じような投球ができるとは限らない。都立多摩工戦から中1日。先発のマウンドに登ったのは長谷川ではなく、勝屋紬(3年)だった。恐らく中1日から疲れがあまりとれていなかったというのもあるのだろう。またしぶとい國學院久我山打線には、後半まで長谷川のスタミナを残しておきたい聖徳学園首脳陣の目算もあったのだろう。
勝谷は長谷川の影に隠れているが、練習試合ではたびたび二ケタ奪三振を記録している左腕投手。中里監督の信頼も厚い投手。ブルペンで見ていても、滑らかな体重移動から投げ込むフォームから、125キロ前後の速球が出ている。コントロールも良く、確かに先発としても十分に投げられる投手だと映った。勝屋が試合を作り、後半に長谷川を投入して勝負に持ち込んでいく戦略。1回裏にして試合前に描いていた戦略が崩れることになる。

1回裏、勝屋は先頭打者を歩かせると、2番青木が甘く入ったストレートを見逃さずレフトスタンドへ放り込む2ランホームランで2点を先制される。いきなりビハインドに立たされる。聖徳学園首脳陣はすぐに動いた。勝屋は降板し、長谷川を投入する。1回裏から軽くキャッチボールをしながら準備をしていた長谷川。まさにぶっつけ本番のピッチングとなった。

 國學院久我山が誇る強打者・笠原 大和(3年)。長谷川は初球、136キロのストレートを投げ込むと、3球目で140キロに到達。そして最後は自慢のスライダーで空振り三振にきってとると、4番齋藤大地(3年)には追い込んでから外角低めへチェンジアップが決まり、見逃し三振。3、4番を三振に打ち取り、そして5番片岡にも中飛に打ち取って、無失点。さすがエースと思わせるピッチングを見せた。

 2回表も先頭打者に安打を打たれるが、後続を抑え、3回表には二死二塁の場面で、再び4番齋藤に外角へこの日、最速となる141キロのストレートが決まり、見逃し三振。ここまで快調なピッチングを見せているように見えた。ストレートもコンスタントに130キロ後半を出していて、さらに縦スライダーのキレも良い。一番良いのは、3番笠原、4番齋藤と警戒している打者に対して、勢いあるストレートと縦スラがコントロールも良く決まること。投球フォームも、松井 裕樹を参考にしているように、だらっと腕を下げてから、一気に振り下ろす縦振りのフォームは確かに出所が見難い。