勝敗を分けた振り切る姿勢

 振り切る姿勢が、勝利を生んだ。西東京大会1回戦、都立田無工vs都立調布南の一戦は初回から動いた。

先制したのは都立調布南で、二死から3番東浦豊輝(3年)が右翼線を破る二塁打で二死三塁のチャンスを作ると、4番岡本隼空(3年)の三塁線を破るに安打で1点を先制する。都立調布南の2人の打者を見て感じたことは、タイミングを合わせることを大事にして、しっかりとミートすることを心掛けていること。特に3番、4番の2人はスイングも鋭いので打球も強い。

 一方、都立田無工は、詰まることを恐れない振り切る打線だ。2回表、4番米澤友哉(3年)は振り遅れ、どん詰まりしながらも右前安打。その後、敵失と内野安打で無死満塁となり、7番山本幸翔(2年)がどん詰まりをしながら右前適時打で逆転に成功する。これも振り切った故、外野まで飛ばすことができた。逆転に成功した都立田無工は、さらに3回表にも敵失で2点を先制。さらに4回表には押し出し死球で1点を追加すると、5回表には、一死一、三塁から9番若生悠(3年)の適時三塁打で2点を追加し、さらに2番の適時打で8対1と点差を広げる。都立田無工の選手は詰まることを恐れず、しっかりと腰を入れたスイングができる。それが一部の選手ではなく、レギュラー全体に浸透をしている。6回表にも8番清水輝星(2年)の適時三塁打で1点を追加した。6回裏に1点を返され、7回裏にも二死二、三塁のピンチを招いたが、要所を締めて、7回コールド勝ちを収めた。
 都立調布南も決して劣っていないわけではないが、やはり打球の鋭さが違う。振り切るというのはただ意識してできるわけではない。しっかりと下半身で打つことを意識して実現できるものだ。金沢学院の金森栄治監督も腰で打つことを大事にする。

腰で打つ。これがバッティングの基本です。数学の公式が永遠に変わらないように、基本はいつの時代も変わらない。不変だからこそ基本なんです」
金森監督が仰る腰で打っているかを見ると、確かに腰を入れて、下半身を使って振っていることが分かる。腕で打ちに行くのではなく、詰まってでも振りに行く。音は鈍いかもしれない。それを貫いた結果、回を重ねるごとにタイミングも合って、芯で捉えるようになり、外野の間を抜けるような打球を飛ばすことができていたのだ。それが差となって現れたともいえる。