二松学舎大附、大江を猛打でカバーし関東大会進出

力投する大江(二松学舎大附)

 関東大会の出場がかかった準決勝は、大会のヤマ場の一つ。しかも第1試合は、2年前の秋季都大会の決勝カードである二松学舎大附東海大菅生の対決とあって、球場には大勢の観客が詰めかけた。
試合開始に先立ち、熊本を中心とした大震災の犠牲者に黙とうを捧げた。

 東海大菅生の先発は、2年前の秋に三塁手として出場した伊藤 壮汰二松学舎大附は、2年前もエースとして登板し、その時は敗戦投手となった大江 竜聖であった。

 この大会で大江が先発するのは、3回戦の日大鶴ヶ丘戦以来。この時も内容が良くなかったが、この日も、あまり良くない。
1回裏東海大菅生は、中前安打の1番佐藤 弘教を2番杉本 蓮が送り、3番落合 宏紀は、インコースをうまく引っ張りライトオーバーの二塁打。しかし、二塁走者の佐藤は、本塁を突かなかった。「あれは還ってこないとダメ」と、東海大菅生の若林 弘泰監督は嘆いた。

 ピンチになると大江はギアが入り、後続を抑え、初回は無得点に終わった。しかし、この日の大江はピリッとしない。
2回裏東海大菅生は、この回先頭の6番本橋 実生が左前安打で出塁すると、続く小玉 佳吾の捕手・今村 大輝の前に転がったゴロを、今村は二塁に悪送球で、無死一、二塁。8番郡 怜央が送り、9番高橋 陸のスクイズは、一度はファールになったものの、次の球でも続けてスクイズをして成功。東海大菅生が1点を先取した。この辺りは、東海大菅生の若林監督の執念が伝わってくる采配である。

 それでも二松学舎大附は3回表、内野安打の9番島根 寛人が二盗し、鳥羽晃平のライトへの二塁打で同点に追いつく。
同点に追いついても、大江の調子は戻らない。3回裏には、落合の前打席に続く二塁打の後、三者連続四球があり、押し出しで、また東海大菅生が勝ち越す。