関東一・佐藤奬、被安打6無四球完封で関東大会進出

佐藤奬投手(関東一)

 準決勝第2試合は、秋季都大会優勝の関東一と、秋はベスト8ながら、この春レベルアップしてきた東亜学園の対決。
東亜学園は近年、やや打撃中心のチームになっていたが、もともとは投手を中心とした守りのチームのイメージがある。この春は、その従来のイメージに近づきつつある。それを可能にしたのが。秋までは4、5番手ながらエースに台頭してきた田原 芳紀の成長である。

 1回裏田原は簡単に二死にしたものの、3番山室 勇輝の左前安打、4番佐藤 佑亮が遊撃手への内野安打で出塁すると、5番米田 克也に7中前安打を打たれる。これで関東一があっさり先制したが、これが、ことのほか重い先取点になった。

 関東一の先発は、背番号10ながら、米澤 貴光監督が「一番力がある」と語る、左腕の佐藤 奨真。佐藤奬は、「今日は要所要所でチェンジアップが決まりました」と語るように、クロス気味の力がある球に、チェンジアップが効果的に決まり、東亜学園打線を封じる。5回までに東亜学園の安打はわずか2本。6回表は、1番池添 輝信、2番小野 公平の連打で一死一、二塁とするが、3番平野 智也が併殺に倒れる。
佐藤奬は今まで、突然の四球で崩れることがあったが、この日は制球を意識して、全く崩れない。

 一方東亜学園の田原も、ツーシームなど、微妙に動く球を効果的に使い、関東一の米澤監督に、「来ない真っ直ぐを待っていても仕方ない」と選手に言わせるほどの、粘りの投球をみせる。田原は初回に失点した後は、関東一に安打すら許さない。その分関東一の佐藤奬は、いわゆるスミ1の緊張感の中での投球が強いられたが、佐藤奬は、「1点でも十分、くらいの気持ちで投げました」と語る。