小野、鈴木翼猛打賞の活躍、東亜学園ご近所対決を制す

先発・藤下(東亜学園)

 岩倉のグラウンドは西東京市。東亜学園のグラウンドは小平市。練習場が西武新宿線沿線で近く、手の内を知っているチーム同士の対決。

 この日は強風が吹き荒れ、試合開始の頃には、雨も強く降っていた。それでも、グラウンドに水がたまるようなことはなく、試合進行には支障がなかった。

 東亜学園の先発は、背番号19ながら、秋までは主戦投手であった左腕の藤下 凌也。「この1週間ボールが来出した。相手は左打者が多いこともありますから」と、東亜学園の上田 滋監督は、藤下を先発起用した理由を語る。
しかし立ち上がり、藤下はどうもピリッとしない。

 1回表、四球で出塁した岩倉の2番安田 拓矢を、藤下は左投手独特の牽制で誘い出したが、一塁への送球がワンバウンドに。一塁手が捕れなくもなかったが、球をそらしている間に、安田は三塁に進んだ。さらに3番山田 航大にも四球で一死一、三塁。4番涌井 和人の右前安打で、まず安田が生還。さらに右翼手の失策もあり山田は三塁に進んだ。続く5番今野 宏洋は遊ゴロ。山田が本塁を突いてセーフ。初回に岩倉は2点を入れた。

 一方岩倉の先発は、この大会好投を続けている市川 幸輝。市川も立ち上がりがピリッとしない。1回裏東亜学園は、四球の1番池添 輝信が2番小野 公平の犠打に二塁に進み、4番鈴木 翼のピッチャー返しの中前安打で1点を返す。しかし2回表、この大会好調の岩倉の1番伊勢 海星がライトスタンドに本塁打を叩き込み、突き放す。伊勢はこの大会、3本目の本塁打だ。「これまで振り込んできた成果だと思います」と語る伊勢。元は右打ちだったが、1年生の時、監督に勧められて左打ちにし、最初は戸惑いもあったが、新チームになった頃から、打てるようになったという。「左の方が、ボールがよく見えます」と伊勢は言う。

 それでも、東亜学園も反撃する。2回裏ライトオーバーの三塁打で出塁した8番佐藤 文哉を、藤下に代わる代打・片岡 蓮の中犠飛で還して、再び1点差に戻す。