2年生左腕の市川の好投に応えろ!主力が奮起し、最後は主将の三口がサヨナラ打!

好投をみせた二松学舎大附の先発 ・市川 睦(2年)

 春季東京都大会の準々決勝。八王子vs二松学舎大附の一戦が八王子市民球場で行われた。
 八王子早乙女 大輝二松学舎大附市川 睦とともに2年生投手を先発に起用し、お互い好投をみせ守り合いの熱い闘いとなった。

二松学舎大附のエース大江 竜聖(3年)が後ろに控えているため、自信を持って今日の試合を投げられたと語る先発の市川。5回表、エラーもあり八王子に先制点を取られてしまうが、それでも市川は平常心を保つことを心がけ、落ち着いてその後も好投を続けていった。

八王子の先発・早乙女 大輝(2年)も好投をみせていたが、7回に先頭打者の1番三口 英斗(3年)に四球を与え出塁を許す。
「チャンスを多く作ろうとする」のではなく、「とにかく訪れたチャンスを掴む」ということを大事にしていたと話す二松学舎大附の市原 勝人監督。チームはその言葉の通り、7回のチャンスをしっかりとものにし、二死一、三塁から5番今村 大輝(3年)の中適時打によって同点に追いついた。チームとして粘り強さが出てきていた。

 お互い決定打が出ないままそ、試合は1対1のまま延長10回に突入する。
10回表、八王子に追加点を許すことなく0点に抑え、迎えた10回裏。一死一、二塁の場面でバッターボックスに入ったのは主将の三口だった。「2年生の市川が頑張っているから、早く楽にさせてあげたい」そういう思いで打席に立ったという三口は、早乙女の投球を中後方へサヨナラとなる決勝打を放ち、二松学舎大附に勝利をもたらした。

「なかなか得点に繋がらず苦しい試合展開ではあったが、力まずに粘り強い野球ができた」と、試合後安堵の様子を浮かべる市原監督。今日の市川のピッチングも一番の収穫だったと、手応えを感じていた。
こうして準決勝進出を決めた二松学舎大附は4月23日に東海大菅生と対戦することに決定した。

注目記事
2016年度 春季高校野球大会特集

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。