深澤決勝2ラン 東海大菅生、帝京破り西東京勢唯一の4強へ

伊藤(東海大菅生)

 熊本、大分などで地震が続く中、試合開始に先立って、両校の選手、審判、観客が黙とうし、半旗が掲げられた。

 東西東京の強豪対決となったこの一戦。4回戦では東海大菅生修徳に圧勝したが、帝京都立東大和に苦戦した。テストという意味もあるにしても、帝京は投手陣のやり繰りに苦労しており、この大会3試合とも、異なる投手が先発のマウンドに立った。この日の先発は背番号7の佐藤 怜。長身から長い手足を利しての投球は、適当に荒れて、東海大菅生は序盤打ちあぐねる。「思ってより来ている、と選手は言っていますけど。そうでもない、と言う選手もいて」と東海大菅生の若林 弘泰監督。つかみどころのなさが、むしろやっかいでもあった。

 先取点を挙げたのは帝京であった。1回裏、四球の1番相曽 幸宏が二塁に進み、4番浅野 丈は三塁への強い当たり。これを三塁手・小玉 佳吾がはじいて左前安打となり、相曽が生還した。

 それでも3回表東海大菅生は、この回先頭の8番郡 怜央が死球、9番高橋 陸のバントは三塁への小フライとなったが、三塁手が取れず内野安打に。1番佐藤 弘教が送り、2番杉本 蓮の二ゴロの間に郡が生還し同点。3番落合 宏紀の左犠飛で高橋が還り逆転した。

 この裏帝京は、浅野の二塁打と田中 麟太郎の左前適時打で、すぐに同点に追いつく。
さらに4回裏には敵失で出塁した石井 海を一塁に置いて、1番相曽の左中間の柵越えの2ランで、帝京が2点を勝ち越した。

 しかし東海大菅生は7回表、四球の高橋を一塁に置いて3番落合のライト柵越えの2ランで、再び、同点に追いついた。

 ここから試合は、大きく動く。9回裏帝京は四球で出塁した1番相曽 幸宏が二盗と犠打で三塁に進む。ここで打席に立った3番佐藤 怜はいきなりスクイズ。しかしバットに当たらず、三塁走者は慌てて三塁に戻る。けれども、2ストライクになってから、佐藤 怜はまたもスクイズ。バットを引いたものの、三塁走者は三本間に挟まれアウト。チャンスを逸した。「あれは前田監督のすごさをみました。2回続けてスクイズというのは、私にはできない。勉強になりました」と、東海大菅生の若林監督は言う。失敗に終わったものの、帝京・前田 三夫監督の勝負に対する執念は、若林監督に衝撃を与えた。