打線爆発!東亜学園が準々決勝進出

攻守で大活躍を見せた6番・平野

 八王子市民球場で行われた春季東京都大会4回戦第二試合は都立江戸川東亜学園の一戦。点を取られたら取り返す、両校一歩も譲らぬ攻防も東亜学園打線が爆発し12安打で快勝。

 2回都立江戸川は相手エースの田原を攻め先頭の4番熊谷 拓也がライトオーバーのツーベースを放つ。その後一死二、三塁のチャンスを作り7番神尾がライト前にタイムリーヒットを放ち2点を先制。

 その裏東亜学園は6番平野が死球で出塁し、7番二階堂が相手のミスを誘うバントで自らも塁に出る。二死として1番池添がセンター前にタイムリー。続く2番の大野がセンターオーバーのタイムリースリーベースで逆転。さらに3番北澤がレフト前に運びこの回4点をあげる。

 5回の都立江戸川の攻撃。二死から2番河野が出塁し、3番星野がツーベースヒットでチャンスを広げると4番熊谷がタイムリーヒットを放ち1点差に迫る。しかしその裏、東亜学園の4番鈴木 翼、6番平野が死球で出塁し、8番佐藤がセンターに大飛球。それをセンター神尾が落としてしまい2点を献上。点差を広げられてしまう。

 3点を追う7回の都立江戸川の攻撃は9番山田 良樹がヒットで出塁しチャンスを広げる。そしてここで当たっている4番熊谷 拓也を迎える。東亜学園は絶体絶命のピンチ、ここで東亜学園ベンチはピッチャーをエースの田原から背番号20の青木に代える。代わった青木は気迫のこもったストレートで見事このピンチを三振で切り抜けベンチの期待に応えた。キャッチャーの平野は「クリーンアップがストレートに強いことがわかっていたので変化球をコーナーに決めていこうと打ち合わせしていたが中盤でそれができなくなってしまった。代わった青木はストレートで押すピッチングが持ち味なので強気で攻めました」と語った。

 ピンチの後にはチャンスがある。その裏、5番の土岐が内野安打などでチャンスを作り8番佐藤が犠牲フライを放つ。その後もチャンスは続き、池添、小野が連続タイムリーでこの回3点を追加する。