元気な城東、エースで4番と主将で5番の2発で創価を粉砕

同点本塁打を放ちホームインする城東・関根君

 関東大会出場と夏のシード権のかかる春季大会。本大会の始まりが早く、4月上旬に一気に試合を消化する東京都では、早くも夏のシード校が出そろい、ベスト8決めの4回戦となった。

 ここまでくると、さすがに強豪対決が多くなってくる。3回戦では、自ら2本の2ランを放つなどで、打って投げての大活躍をした関根君を擁する都立城東。一方の、創価も、その試合ではライトで5番に入っている背番号1の谷井(やつい)君が一発を放っていた。そんな、両チームの背番号1に注目しながら試合は始まった。

 都立城東の関根君は、立ち上がりがあまり良くないということは、自分でも自覚しているという。そのよくない立ち上がりが、この試合でも出てしまって、初回いきなり先頭の辻郷君に中越二塁打。創価はバントで走者を進めると、近内君の右越打で先制。創価はさらに畳みかけたいところだった。ところが、ここで走者が飛び出して、関根君は自らボールを持って走っていってタッチアウト。これで、まずは都立城東しては悪い流れを断ち切った。

 しかし、都立城東も2回先頭の高野君が右線二塁打しながらも捕手からの牽制で刺される。その後に宮坂君の安打が出るなど、ちょっとちぐはぐ。そんな展開で試合は進んだが4回、都立城東はエースで4番の関根君からだったが、上村君の初球を叩くと、打球はそのまま左翼フェンスを越え、同点本塁打となった。

 これで試合は振出しに戻ったのだが、関根君は自らの本塁打でもあり、気分良く投げていっていた。元々、投げていくことで自分のリズムを作っていくタイプの投手である。4回以降は、結果的には創価打線を無安打に抑えていくことになる。