逆転また逆転を打撃戦、佐藤佑亮の決勝打で関東一が日大三を下す

小谷野 楽夕(日大三)

 東西の東京を代表する強豪対決であり、日大三の小倉 全由監督と関東一の米澤 貴光監督による師弟対決でもある。またこの両校は、昨年の春も対戦しており、この時は、小谷野 楽夕投手の好投もあり、日大三が勝利している。

「昨年は小谷野君のスライダーの威力を、嫌と言うほど感じました」と米澤監督は語る。この試合も日大三の先発は小谷野、関東一日大三に左打者が多いということもあり、左腕の佐藤 奨真が先発した。

 1回表日大三は、2安打と四球で一死満塁とし、5番・古田 虎支郎の右前安打で1点を先取した。しかしなおも続く満塁のチャンスを生かせず、1点止まりだったことが、後になって響く。

 その裏関東一は、1番・米田 克也がセンターのフェンス直撃の二塁打を放つ。2番・本橋 慶人のバントは内野安打になり、3番・山室 勇輝が四球で満塁。しかし4番・佐藤 佑亮は三振し、5番・竹井 丈人は遊ゴロ。併殺かと思ったが、竹井はセーフ。三塁走者の米田だけでなく、二塁走者の本橋も一気に本塁を陥れ、関東一が逆転した。

「キャッチャーは(一塁が)アウトと思って帰りかけているのだから」と小倉監督。二塁走者も生還した関東一の走塁は見事であったが、足の速い選手が多い関東一と対戦するにあたって、日大三としては珍しく集中力を欠いていた。

 さらに関東一は、6番森川瑶平の二塁打、7番・石塚 大樹の中前安打で2点を追加する。「ツーアウトからの2点ですからね」と、日大三の小倉監督。点数が多く入った試合ではあったが、初回の4点は、両チームにとって大きかった。

 その後も関東一は、3、4、5回に1点ずつ取る。日大三のエース・小谷野は3回途中で降板しており、これはコールドになるのではないか、という声も聞こえ始めた。もっとも関東一の米澤監督は、「簡単には行かないと思っていました」と語る。そして後半になると、日大三の反撃が始まる。

 6回表は2つの四球で無死一、二塁とし、4番・山本 幸次郎、5番・古田の連続適時打で2点を返す。7回表も一死後、関東一の佐藤奬は2人連続して四球で歩かせる。3番・坂倉 将吾は三飛に倒れたものの、続く4番・山本の左前適時打でまず1点。5番・古田に四球を出して満塁となったところで、米澤監督は佐藤奬から期待の2年生右腕・高橋 晴に交代する。交代のタイミングとしては、やや遅い感じもあったが、「(佐藤奬に)経験を積ませたかった。完投してくれくらいの思いはありました」と、関東一の米澤監督は語る。