修徳延長10回サヨナラスクイズ、明暗を分けた1球の空振り

本塁打を放った淵上(修徳)

 好投手・川西 雄大擁する明大中野を破り3回戦に進出した明星は、強豪・修徳と互角の好ゲームを演じたが、延長10回裏、1球の空振りに対する両チームの解釈が勝負を分けた。

 修徳は、昨夏の経験者が多く、潜在的な能力は高い。その代表格である4番の渕上 聖司が2回裏、センターに本塁打を放ち、修徳がまず先制した。先発・飯田 奎太も、明星の先発・矢野 傑も、打たせて取るタイプで、比較的制球がいいこともあり、積極的に打ちに来たため、試合は少ない球数で淡々と進んだ。

 明星は5回表、右前安打の7番・塚本 和也が犠打などで三塁に進み、1番・太樂 知明の右前安打で還り、同点に追いつく。しかしその裏修徳は、7番・青野 甲治のレフトへの本塁打、6回裏には3番・遠藤 幹太のライトへの本塁打が出て、本塁打攻勢で突き放す。

 しかし修徳の阿保 暢彦監督は、「タイムリーが出ないと流れ来ない」と語り、明星の石山 敏之監督は、「ホームランは仕方ない」と語っているように、修徳はリードしていても、今一つ乗り切れていない。

 そして7回表明星は一死後、6番・鈴村 晃平、7番・塚本の連続安打に8番の矢野のセンターオーバーの二塁打で鈴村が還り、まず1点。なおも、一死二、三塁のチャンスが続いたが、9番・末廣 亮太への4球目、スクイズが決まらず、同点のチャンスを逸した。完全に外されたわけではなかったが、バットに当てることができず、三塁走者が挟まれてアウトになった。

 それでも明星は、8回表二死走者なしから、相手のミスにも乗じて、試合をひっくり返す。まず3番・折橋 裕太が中前安打で出塁すると、4番・篠崎 宰響は二ゴロ。しかし二塁手が二塁に投げようとしたところ、遊撃手は一塁に投げるものと思ったのか、二塁には誰も入っておらず、内野安打に。続く5番・小野 元幹の左前安打で二塁走者の折橋が一気に本塁を突いて、同点。さらに鈴村の三ゴロは敵失となり、明星が勝ち越した。

 それでも修徳は8回裏、右前安打の遠藤が淵上の四球で二塁に進み、この大会は本来の外野手ではなく、捕手を守っている高山 匠の犠打や牧野 幹太の犠飛で還り、振り出しに。試合は延長戦に突入した。