東海大菅生、4回の猛攻で都立昭和の勢い封じる

東海大菅生の先発・伊藤 壮汰

 怪物・清宮 幸太郎擁する早稲田実業を破り全国の高校野球ファンを驚かせた都立昭和が、中1日で今度は、東海大菅生と対戦した。

 早稲田実業が勝っていれば、昨年の西東京大会の決勝の再戦となったところであったが、相手が都立昭和になったことについて、東海大菅生の若林 弘泰監督は、「やりにくいことは、やりにくいです」と、語っていた。とはいえ、夏のシードのかかった大事な一戦。秋に膝を痛め、冬場の強化練習を十分にできなかったことから、背番号は20になっているものの、本来のエースである伊藤 壮汰が先発した。

 対する都立昭和は、早稲田実業戦の勝利の立役者の一人である左腕の田舎 凌が先発。1回裏、東海大菅生打線は、田舎の緩い球を、外野までは飛ばすものの、いずれもほぼ正面で三者凡退。その後も走者は出すことはあっても、適時打が出ず、4回まではゼロが続いた。

「打てそうで、打てそうで、捉えることはできると思ったけど、早実さんも、こんな感じだったのかなと思いました」と若林監督は語る。

 その一方で東海大菅生の伊藤は、地肩の強さを生かしたストレートと、スライダーが低めに決まり、4回表に、打っては3番の田舎に二塁打を打たれはしたものの、危なげのない投球をした。「先頭打者を出さないように気を付けつつ、丁寧に低めに投げるようにしました」と、伊藤は言う。