初回郡の満塁弾、帝京、國學院久我山を圧倒

江川昂輝(國學院久我山)

 3回戦から出場する秋季都大会ベスト4のチームのうち、東海大高輪台は敗れ、関東一二松学舎大附も前半は苦しんだ。それだけ、試合の入りは難しいが、やはり3回戦から登場した帝京は、そうした苦労を全く感じさせず、伝統校の國學院久我山に圧勝した。

 圧勝の立役者は、秋までは不動の4番であったが、この春は6番に降格した郡 拓也だ。1回裏帝京は、2つの四球と相手失策で無死満塁とし、4番に入った秋葉夢大の一飛の後、5番田中麟太郎が押し出しの死球でまず1点。さらに一死満塁で打席に入った郡は、初球を叩くと、レフトフェンスを越える満塁本塁打になった。

 國學院久我山の先発は背番号10の左腕・江川 昂輝。2年前強打者として活躍した江川 尚輝(現國學院大学)の弟であるが、どうも帝京の強打線を相手にピリッとしない。「立ち直ってくれると思いましたが、良くありませんでした。帝京相手ということで、緊張していたと思います」と、國學院久我山の尾崎直輝監督は言う。

 それでも2回以降抑えれば、國學院久我山にも反撃の機会があったかもしれない。しかし2回表の一死後、この春の大会から主将を務めている3番の佐藤 怜は初球を叩いてレフトフェンスを越える本塁打。さらに押し出しや、8番佐々木俊輔の左前適時打などで2点を追加し、完全に試合を決めた。