日大鶴ヶ丘追撃及ばず、二松学舎大附・大江要所を締める

大江投手(二松学舎大附)

 ようやく春の日差しの中で行われた神宮第2球場の第1試合は、二松学舎大附日大鶴ヶ丘という、2年前の東西東京大会の優勝チーム同士の対戦になった。秋季都大会準優勝の二松学舎大附は、3回戦からの登場。秋は遊撃手であった三口 英斗が三塁手になり、遊撃手には、昨年のセンバツは遊撃手で出場し、秋は主に代走要員であった島根 寛人が、遊撃手に戻った。

 二松学舎大附の先発は、絶対的なエースの大江 竜聖。1回表大江はあっさり2人を打ち取ったが、3番飯田壮咲が中前安打で出塁すると、主将で4番の羽根 龍二は、ライトフェンス直撃の二塁打を放ち、日大鶴ヶ丘が1点を先取した。
 一方、大江の調子は今一つのようにみえた。大江は、「少し緊張していました」と語る。東京の高校球児で、彼ほど経験豊富な投手はいない。その大江をして、今年最初の公式戦には緊張するのだから、やはり初戦は難しい。それでも、二松学舎大附はすぐに反撃する。日大鶴ヶ丘の先発は、背番号15の3年生右腕の安西雄太郎だ。安西はいきなり、二松学舎大附打線につかまる。

 一死後、2番島根は死球。3番市川 睦が内野安打で出塁すると、4番永井 敦士がレフト線に痛烈な二塁打を放ち、同点に追いつく。さらに5番今村 大輝は四球で一死満塁と、6番平野 潤の中犠飛で逆転。さらに7番大江が流し打ちした打球は、レフトフェンスを越える3ランになった。この本塁打について大江は、「たまたまです」と語るが、大江は、投げるだけでなく、打撃のセンスもいい。
 1回裏だけで二松学舎大附は5点を挙げ、一方的な試合になるかに思えたが、2回以降は、日大鶴ヶ丘の安西も立ち直る。
 二松学舎大附の市原勝人監督は、「5点が入って落ち着いてしまいました。ゼロの回が2回以上続くと、相手に点が入ると思っていました」と語る。