執念みせた東大和、8回に追いつき9回サヨナラ勝ち

東大和・田中英輝君

 夏のシード権をかけての戦いは、序盤の様子を見合った展開から、中盤は点の取り合いと守り合いという見ごたえのある内容となった。

 序盤はお互いに相手の探り合いというような感じになっていた。ともに四球の走者を出すと、積極的に走らせてみるという動きも見せていた。

 東京都の春季大会は前半が連戦となることが多いが、都立東大和はエースの藤原君の負担を極力少なくしたいという福島靖監督の考えもあり、背番号10の田中英輝君が先発した。思惑としては、6回までは、何とか藤原君を使わないで戦えればというゲームプランはあった。

 その期待に応えて、3回までは、田中君は何とか自分の投球ペースでのらりくらりと交わしていたが、4回先頭の4番菅君に中前打されると神谷君、吉川君、堀越君と4連打となって2点が入った。

 なおも無死一二塁という場面で、福島監督はたまらず右下手投げの青柳将也君を送り出した。スピードがあるわけではなく、力で抑えられるという投手ではない。

 それでも、「自分で工夫して頑張る子ですし、頭のいい子ですから…。振ってくる相手にはハマれば面白いんですよ」という思いもあった。幸運だったのは、代わったすぐに、いきなり捕手の大谷君が牽制で二塁走者を刺したことだった。さらに、8番伊藤智大君に対しても上手に打たせて絵に描いたような内野ゴロ併殺となった。

 続く5回は、低めに集めて3人を飛球で打ち取った。これで、都立東大和に流れが来た。その裏都立東大和は二死走者なしから、その 青柳将也君が一二塁間を破ると、内野ゴロ失策もあって一二塁となる。

 ここで、「入ってきたときには身体も細いヤツだったんですけれども、これまで2年間一生懸命に一番バットを振った男」と福島監督も評価する藤村君がしぶとく一二塁間を破ると、二走の 青柳将也君はやや足にハンデがあるのだが、一生懸命に走ってホームイン。なおも二三塁となった場面で、2番神山君が右前へクリーンヒット。2者が帰って都立東大和は逆転に成功した。