東海大菅生、快進撃の朋優学院を跳ね返す!

深澤祐太(東海大菅生)

 この日府中市民球場で行われた2回戦、第2試合は、東海大菅生朋優学院の対戦。
朋優学院は一次予選で大森学園筑波大附を倒し、本大会1回戦では錦城を2対1と破ってきた。勢いも実績も十分、満を持してシード校にぶつかっていくことになる。

 朋優学院・小牧 優斗、東海大菅生松本 健吾の両先発で始まった試合は序盤に動く。
1回裏、東海大菅生は1番・佐藤 弘教がいきなりツーベースで出塁。バントで三塁に送った後、4番・深澤 祐太がスリーベースを放ち1点を先制。さらに5番・落合 宏紀もタイムリーで続き、この回2点を挙げる。

 続く2回表、朋優学院が反撃に出る。一死から5番・宮腰 尚弥がスリーベースで出塁、一気にチャンスを作り出すと、6番・高橋広暁がスクイズを決め1点を返す。

 その後は両チームホームが遠い。東海大菅生はランナーは出すものの盗塁で刺されるなど朋優学院の堅守に阻まれる。
試合が再び動いたのは6回裏だった。東海大菅生は二死から四球で出塁した5番・落合を6番・本橋 実生がタイムリーツーベースで還し欲しかった追加点を奪う。さらに8番・高橋 陸、9番・伊藤 壮汰にもタイムリーが飛び出し、さらに2点を追加する。7回にも1点を追加し、6対1とリードを広げる。

 一方の朋優学院は、6回に先頭の湯澤 頑太朗がツーベースで出塁するも、バントを打ち上げてしまいゲッツーに。チャンスを広げられない。東海大菅生の投手リレーに、この試合ヒット2本に抑えられ、朋優学院の快進撃もここまで。東海大菅生が初戦の硬さを見せながらもシード校の実力の片りんを感じさせ、朋優学院を跳ね返した。

 東海大菅生は勝ったものの、チャンスに点を取り切れず畳みかけられない部分もあり、課題も残る試合となった。ただ、色々な選手を起用しながら押さえどころは逃がさない、というのはさすがだった。
初戦を無事勝利で終え、次の対戦相手は、早稲田実業を破った都立昭和。この試合の相手・朋優学院と同じく快進撃を続けているチームを向こうに回しどういった戦いを見せるか注目だ。

(取材・写真=青木 有実子)

注目記事
2016年度 春季高校野球大会特集