逆転されて覚醒!修徳、共栄学園を下し今シーズン初戦を飾る!

先発・佐藤廉(修徳)

 春の陽気が戻ってきた4月6日、府中市民球場では春季東京都高等学校野球大会2回戦2試合が行われた。

 第1試合は、修徳共栄学園の対戦。シードの修徳はこの試合が今シーズン公式戦の初戦。対する共栄学園は1回戦で都立光丘をコールドで下し勢いに乗っている。

 先制したのは修徳だった。1回裏、四球とヒットで溜めたランナーをバントで送り、一死二三塁にすると、4番・渕上 聖司が犠牲フライを放ちまず1点。さらに5番・髙山 幸也の打球がエラーを誘うと、この間に二塁から澤地 泰雅が一気にホームへ還り追加点。さすがのそつのなさを見せ、修徳が2点をリードする。

 この日の修徳の先発は佐藤 廉。佐藤 廉は公式戦初登板で初先発。「普段はもっとコントロールの良い投手。さすがに緊張したのかもしれません」と修徳・阿保 暢彦監督が振り返ったように、ランナーを出しながらの苦しいピッチング。よく粘り共栄学園に得点を許さなかったが4回、一死から共栄学園3番・青木 龍也にツーベース、続く4番・菊地 奏汰にもヒットを打たれると、5番・宮前 裕貴には四球を与え満塁のピンチを招く。
ここで共栄学園6番・池田 泰河がセンターへタイムリーを放ち1点を返したところで修徳は背番号1・飯田 奎太にスイッチ。後続を打ち取る。

 だが勢いに乗る共栄学園は5回、二死から2番・田邊 悠史がヒットで出塁、盗塁を決めると、3番・青木がライトへ弾き返し同点に。さらに4番・菊地がツーベースを放つと、これを修徳がエラー。その間に青木が一気に本塁へ還り逆転に成功する。