都立昭和から見る強者に対抗する戦い方

先発・田舎凌(都立昭和)

 「勝利した時はぶるぶる震えて、震えが止まらないというのはこのことをいうのかと思いました」
勝ち越しの満塁本塁打を放った都立昭和小谷 英志(3年)が語るように、まさに見ている側も震えるような試合展開だった。

 1回表、都立昭和田舎 凌(3年)の立ち上がりを見ると、かなり不安なものだった。いきなり連続四球。さらに1番金子 銀佑(3年)が盗塁を仕掛け、無死一、三塁。3番橘内 俊治(2年)を三振に打ち取ったが、ここで4番清宮 幸太郎である。だが清宮は変化球をひっかけニゴロ。1点にとどめ、二死にしたのが大きかった。「4番打者としてふがいない打撃」と清宮が振り返るように、もしヒットだったら、状況は違うものだったかもしれない。田舎は後続の打者を抑えて1点にとどめる。しかし田舎の制球力は2回になっても落ち着かず、2回表、二死一塁から福本 翔(2年)の適時二塁打で2対0とする。ここまでは早稲田実業の流れに見えたが、なにかつながりが欠いたこと。
 早稲田実業の先発・服部 雅生も1、2回ともに満塁のピンチを迎えるなど、リズムの悪い立ち上がりだった。逆に都立昭和も状況次第では捕まえられる雰囲気となっていた。

 ここまでの2失点。率いる森勇二監督は「そこは仕方ないと腹をくくっていました」と語るように、都立昭和のゲームプランとして、打ち合いにもっていくことだった。だが1、2回ともにチャンスを作って逃したことに嫌な雰囲気になっていたことを察して、「つなぐこと」と「転がして、泥臭く」攻撃することに転じた。それが都立昭和の野球だからだ。

 3回以降、田舎も立ち直りを見せる。田舎は左の技巧派左腕。球速は、110キロ台だ。この投手の最大の武器は縦に大きく割れるスローカーブ。反発力が小さいボールなので、フォームが崩れると凡打の山となる。都立昭和の捕手・富樫侑己(3年)は、事前分析でカーブがカギと見ていた。あとはこのカーブをどう打たせるか。富樫は打者一巡する中で、この打者に対してはどう攻めれば良いのかと感覚的に頭の中に思い浮かぶことができていた。