5回一挙の8得点!明大中野八王子が青山学院を撃破!

先発・吉岡隼(明大中野八王子)

 4月5日に府中市民球場で行われた2回戦の第3試合は、明大中野八王子青山学院の対戦。チーム作りに定評のある両チームの対戦となったが、結果は意外にも7回コールド。10対2で明大中野八王子が勝利することとなった。

 だが意外にも明大中野八王子の椙原 貴文監督は試合後、こう振り返った。
「怖さしかなかったです」

 明大中野八王子は1回裏、犠牲フライで1点を先制するものの、すぐその次の2回表に6番・中村 柊斗、7番・永嶋 吾郎の連続タイムリーで2点を奪われ、青山学院に逆転を許していた。
4回裏、犠牲フライで同点に追いつくものの、青山学院の好守の前に、いまいち流れに乗り切れないでいた。

 だが5回裏、ヒットで出塁した1番・清水 海地を2番・遠田 昂太郎のタイムリーツーベースで還し勝ち越しに成功すると、この回打者12人でヒット8本を固め打ち。エラーや細かいミスも重なりこの回8点を奪うことに成功。10対2と一気に試合の主導権を握った。

 これだけ点差が開いても怖さを感じていたというのはどういうことなのだろうか。
「とにかく初戦ということでこちらの動きが硬かった。相手は1つ勝ってきているということで当然勢いもある。それでなくても青山学院さんは良いチームだし、いつやられるかという怖さをずっと感じていました」(明大中野八王子・椙原監督)