明星、徹底した戦略で明大中野・川西雄大を攻略!

太樂知明(明星)

 4月5日、府中市民球場で行われた春季東京都大会2回戦の第2試合は、明星明大中野の対決。

 最初に試合を動かしたのは明大中野。2回表二死走者なしから6番・今関 凌雅がヒットで出塁。その後2つの四球を選び満塁とすると、9番・阿部 一輝のタイムリーで2点を先制する。
援護をもらった明大中野先発の川西 雄大は出足好調。ストライク先行でテンポよく投げ込み、1回から3回をそれぞれ3人で抑える。

 4回裏、ここまで川西に抑えられていた明星だったが、反撃に出る。先頭の1番・太樂 知明がライトへのツーベースで出塁。続く吉田 拳の送りバントを川西は三塁へ送球するも、太樂の足が勝りセーフ。無死一三塁とチャンスを広げる。
続く3番・折橋 裕太も、ここですかさずバントの構え。セーフティースクイズを成功させ、1点を返す。さらに4番・篠崎 宰響も送りバントで続き、一死二三塁に。「チャンスがあったらバントやスクイズなど、どんどん動いていく」と試合前に話あっていたという明星の徹底した揺さぶりに動揺したか、5番・小野 元幹の打席で明大中野バッテリーミスが出て三塁から吉田が生還。同点に追いつく。

 追いつかれた明大中野は続く5回表、二死から2本のヒットと四球で満塁のチャンスを作り出す。先制した時と同じような流れだったが、ここは明星先発・矢野 傑が踏ん張り無失点に抑える。

 そして再び試合が動いたのは6回裏。明星は前の打席でツーベースを放った太樂からの好打順だったが、その太樂が自打球を顔に当てて退場を余儀なくされる。ここで代わりにバッターボックスに入った窪田 彪冴が振り逃げで執念の出塁を果たす。こうなれば、2番・吉田はやはり送りバント。キッチリと成功させると、嫌な予感を感じたか明大中野・川西の制球が乱れる。この機に乗じ四死球で一死満塁とすると、今度は5番・小野がスクイズを成功させ、この回ノーヒットで勝ち越しに成功する。