木上雄成の3ラン!初回から攻勢をかけた日大鶴ヶ丘が和光を下す!

3ランを放った木上雄成(日大鶴ヶ丘)

 春季東京都高等学校野球大会の2回戦3試合が府中市民球場で行われた。
天気は昨日に引き続きあいにくの雨。それでも懸命のグラウンド整備を行い、予定から53分遅れでの開催となった。

 その第1試合は、日大鶴ヶ丘和光和光の対戦。1回戦、国士舘をコールドゲームで下し強豪対決を制し勢いに乗る日大鶴ヶ丘に対し、都立武蔵野北を逆転で下した和光はどこまで食い下がれるか。

 試合は初回から動く。日大鶴ヶ丘は先頭の1番・髙島 凱哉がエラーで出塁すると、四死球で満塁と、和光先発・倉岡 ミハイルを攻めたてる。そして4番・羽根龍二が右中間へ走者一掃のタイムリーツーベースを放ち3点を先制する。さらに日大鶴ヶ丘和光に息をつく暇を与えない。無死一三塁とすると今度は6番・木上 雄成がライトへスリーランホームランを放ち、さらに3点を追加。この回6点をあげ一気に試合の流れをつかみにかかる。

 だが、和光も初戦で逆転勝ちをしてきたチーム。そう簡単には引き下がらない。続く2回表、先頭の5番・倉岡 ミハイルがレフトへツーベースを放ち出塁。6番・室橋 達人が送り、7番・桑原 尚朗のタイムリーで倉岡が還り、1点を返す。
しかし日大鶴ヶ丘先発・山﨑 章雄は落ち着いていた。後続をダブルプレーに打ち取り、傷口を広げさせない。

 日大鶴ヶ丘は3回裏に1点を追加した後、連続ツーベースで1点を追加。さらにエラーと7番・井上 洸喜のタイムリーツーベースで2点を追加。4回を終了して10対1と、じわじわと点差を広げていく。

 そして5回裏、3番・飯田 壮咲がツーベースで出塁すると、4番・羽根が手堅く送りバントをきっちり成功させ、飯田は三塁へ。その後一、三塁としたところで6番・木上がタイムリーを放ち11対1。5回コールドゲームを成立させ3回戦出場を決めた。
和光がぬかるんだ中でのプレーにやや戸惑い、落ち着く前に先制パンチを喰らわせた格好となった日大鶴ヶ丘。隙を逃がさないしたたかさを垣間見せた。

(取材・写真=青木 有実子)

注目記事
2016年度 春季高校野球大会特集

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。